多摩区版 掲載号:2019年3月15日号 エリアトップへ

市政報告 多摩区の次代、見つめて 川崎市議会議員 自民党 ひろた健一

掲載号:2019年3月15日号

  • LINE
  • hatena

 新年度の市の予算を審議する定例会がきょう3月15日に閉会します。予算審査特別委員会で私が注目したのは、多摩区の防災に対する取り組みや子育て支援についてです。

新訓練で防災力向上

 昨年度から区の総合防災訓練が年2回行われるようになりました。菅中学校を会場に菅町会と合同で開催された訓練では、隣接する稲城市からも参加があるなど、柔軟で実態に即した訓練を実施していると感じています。

 多摩区では住民主体の組織が訓練に取り組んでいますが、参加者の固定化や人数の減少等の課題もあります。すべての世代に防災活動を拡充するため、区は「次世代の防災リーダー」となる子育て世代への取り組みの強化を重要視。災害時に必要な知識の習得や身の回りの道具の活用など、子育て世代が興味を持てるような訓練を、総合防災訓練と連携しながら新たに実施するとしています。この取り組みが区全体に広がり、安全で安心な多摩区の実現につながっていくことを期待します。

地域一体の子育てを

 多摩区では、子どもの外遊びを推進しながら世代間交流を図る「多摩区こどもの外遊び事業」に08年度から取り組んでいます。委員会組織が主体となって企画するイベント「思いっきり外遊び」では、生田小学校下校庭を活用し、ベーゴマや木の実工作、落ち葉遊び等で子どもたちが自然と親しんでいます。

 区内で活動する子ども・子育て団体等の指針となる「多摩区こども支援基本方針」は、時勢に合わせた見直しで今月中の改定を予定しています。区内の子育ての実態調査(昨年度)では、共働き世帯の増加や母親の息抜きの必要性がみられた一方で、子育て世帯が支援の担い手になることも可能だと明らかになりました。調査を踏まえ、地域包括ケアシステム推進の視点から「多摩区こども・子育て支援方針」と名称を変え、地域全体で取り組むことを目指した改定になる見通しです。

 これからの多摩区を支える子どもたちの元気な成長には、地域の力が必要です。今後も一区民として、地域の未来を見据えながら歩んでいきます。

ひろた健一

川崎市多摩区菅北浦2-1-17

TEL:044-200-3357

http://xn--f9jubzer12mtrc.net/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

本市の空き家対策の現状と課題

市政報告

本市の空き家対策の現状と課題

川崎市議会議員みらい川崎市議会議員団露木 明美

7月12日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「令和」新時代迎える

「令和」新時代迎える

”人づくりなくして国づくりなし” 衆議院議員 笠 浩史(りゅう ひろふみ)

5月1日号

高齢者施策に全力、国と連携強化

「すがわら進」市政報告

高齢者施策に全力、国と連携強化

地域資源生かし 「住みよい多摩区」へ

4月19日号

救急医療体制に新たな課題

市政報告 川崎市議会議員 三宅 隆介

救急医療体制に新たな課題

― 高齢者福祉施設からの救急搬送が急増―

3月22日号

私たちの町「多摩区」を誇れる町に

意見広告

私たちの町「多摩区」を誇れる町に

自民党川崎市連合支部青年局次長自民党川崎市多摩区第6支部長 上原まさひろ

3月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

4日間のスポーツ体験

4日間のスポーツ体験

夏恒例、無料イベント

7月23日~7月26日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク