多摩区版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

多摩警察署の署長に今月就任した 加藤 和男さん 多摩区在住 54歳

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena

ファン増やす指揮官に

 ○…「1日1人、警察のファンをつくろうよ」。多摩署の署長に就き、223人の署員に呼びかけた。「まちの人と同じような感覚で働くこと。一人ひとりが取り組めば地域で仕事がしやすくなり、治安も良くなる」。その一つとして、警察官が巡回した地域の家々に投函する「パトロールカード」の徹底も促す。「心配事がある人や被害にあった人に安心してもらいたい。警察への理解が深まれば」

 ○…県警に勤め36年。新人時代は川崎区の京町通交番に3年間勤し、薬物の取り締まりなど多岐にわたる対応に追われた。「忙しくて夜寝られないことも。最初に経験できてよかった」。以降は三崎や相模原、本部の交通機動隊などで経験を積んだ。前部署は東名高速道路沿い、宮前区にある高速道路管理室。管理官としてNEXCO中日本との連絡調整役を担い、催しの企画や防災訓練にも尽力した。今回が21回目の異動。「住民の皆さんが協力的。まちを愛していると感じる」と印象を語る。

 ○…横浜市磯子区出身。高校時代は土木工事や弁当販売、ファストフード店などアルバイトに明け暮れた。「かわいがってもらえて、働くのは面白かった」と懐かしむ。警察官を志したきっかけは、4つ年上の兄の存在。「兄も警察官。やりがいがあるといつも言っていた」。そんな兄は現在、千葉県で警察署長を務める同じ立場だ。「子どものころはけんかした記憶しかないけれど、今は信頼のおける人」と慕う。

 ○…20年前、交通事故で義父を亡くした。車道を横断中の事故だった。高速道路管理室に勤務していたころ、東名で起きたあおり運転の事故も忘れられない。「交通事故は加害者と被害者、両方の家族が悲しむ。防げることなら防ぎたい」。その思いを、安全なまちづくりに向ける。

多摩区版の人物風土記最新6

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク