多摩区版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

4月1日付で多摩区長に就任した 荻原(おぎはら) 圭一さん 大田区在住 58歳

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena

足でかせぎ、対話重ね

 ○…川崎市総合企画局の生田緑地担当や、岡本太郎美術館の副館長など多摩区ゆかりの役職を経て、22代目の新リーダーに就いた。防災力と地域包括ケアシステム推進、地域資源活用の3つを主要テーマに掲げ、「これまでの経験を生かしながら、多摩区に住みたい、住んでよかったと思ってもらえるまちにしたい」。区職員一丸で突き進む。

 ○…「地元川崎で働きたい、貢献したい」。そんな思いで市役所に飛び込んだのは、今から36年前。2002年からは、「思い入れがある」と振り返る川崎区役所の地域振興課まちづくり推進担当に3年間従事した。東海道の文化や歴史を生かした市民提案書「東海道川崎宿2023いきいき作戦」に没頭。市民と街道を歩き、昔ながらの丸型ポスト設置やお休み処開設を実現してきた。提案項目で最も難しいといわれた川崎宿の拠点施設が6年前に完成したときは「うれしくて涙が出た」と、当時に思いをはせる。

 ○…生田緑地担当として2011年から2年間、サービス向上と経費削減を掲げた指定管理者導入に傾注。公園と3施設を一体的に管理運営するため、市民の説得に奔走した。実現事例を学ぼうと各地の公園を市民と視察し、勉強会を企画。翌年には指定管理者募集にこぎつけた。当時、導入に反対していた市民や生田緑地の関係者が「いつでもイベントがある、にぎやかな明るい緑地になった」と言ってくれるのが、この上ない喜びだ。

 ○…川崎区で生まれ育ち、法政大学第二高校、法政大学では陸上部に所属。市職員としても駅伝大会などに出場し、健脚を披露してきた。今でも自宅前の多摩川河川敷を10キロ近く走るのが休日の習慣だ。「足を使って区民と一緒にまちづくりに力を注ぐ」。現場主義で多摩区の魅力向上に尽くす。

多摩区版の人物風土記最新6

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

中山 紳一さん

公益財団法人川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

中原区在住 58歳

8月23日号

渡邉 直美さん

公益財団法人川崎市生涯学習財団の理事長に、6月に就任した

渡邉 直美さん

枡形在住 63歳

8月9日号

根本 星来(せいら)さん

専修大学少年少女レスリング教室出身で、カデットの世界選手権に出場する

根本 星来(せいら)さん スポーツ

登戸在住 17歳

8月2日号

萩坂 心一さん

平和の大切さを継承する市民団体「平和を願う会」で共同代表を務める

萩坂 心一さん

登戸在住 61歳

7月26日号

あっとほーむデスク

  • 9月20日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

  • 9月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク