多摩区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

多摩区 毎月28日、忘れぬ日に 「子ども見守りの日」 結束へ

社会

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
花や飲み物を供え、手を合わせる人が絶えず訪れている現場付近=先月29日
花や飲み物を供え、手を合わせる人が絶えず訪れている現場付近=先月29日

 登戸新町の路上で私立カリタス小学校(中野島)の児童ら20人が男に刃物で襲われた事件を受け、多摩区は多摩警察署や各団体と、子どもの安全確保のための緊急会議を6月3日に実施。毎月28日を「多摩区子ども見守りの日」(仮称)と定め、連携を強化していく。具体的な内容を協議するために、今月28日までに次回会議を開く予定だ。

 会議には荻原圭一区長、加藤和男署長をはじめ多摩防犯協会、区町会連合会、区PTA協議会など各団体役員ら総勢15人が参加。各々の活動を報告し、意見を交換した。

 多摩署では昨年から、事件発生時にツイッターで情報を発信してきたが、閲覧者数は今ひとつという。「地域の見守り活動に役立ててもらうため、地図を使った不審者情報の効果的な配信も検討する」と加藤署長。荻原区長は「子どもの安全、安心について地域の皆さんと改めて考え直し、区役所として何ができるか再検討していく。皆さんが取り組んでいる見守り活動への支援を強めたい」と力を込める。

 事件当日の5月28日以降、多摩区は青色回転灯パトロール車を使った近隣校周辺の巡回に力を入れる。地区は登戸小、中野島小、宿河原小の市立3校の通学路で、登下校の時間帯に合わせて実施。パトロール車1台に区職員2人が乗り、見守りを続けている。

中野島で続く活動

 あいさつ運動や世代間の交流を掲げた取り組み「中野島多世代つながり愛プロジェクト」は、3年前に中野島地区で発足し、会合を毎月開いている。町会や市立小中学校、保育園などからメンバーが集まり、昨年9月の会合にはカリタス女子中高の教員も初参加した。代表で多摩区社協会長の田村弘志さんは、「事件の兆候を事前につかんで、警察や各団体がいかに抑止していくかが今後の課題。個々が認識を強められれば」と胸中を明かす。

 中野島中学校区のPTAや教職員、幼稚園などが参加する地域教育会議(乾充徳議長)では7年前から、カリタス女子中高の講堂で「こどもふれあいコンサートin中野島」を毎年開催。カリタス小合唱クラブや中野島小合唱クラブ、中野島中吹奏楽部などが出演し、地域に開かれた公演として親しまれてきた。乾さんは「地域教育会議に私学が参加するケースは珍しい。快く協力してくれているカリタスさんに敬意を表している」と話す。

 「地元団体に発表の場をつくり、多くの人に鑑賞してもらいたい」と、同公演は今年から「こどもふれあいステージin中野島」に改称し、中野島こども文化センターのソーラン節グループも出演予定。今後は、出演団体の種類を広げていくことも検討中だという。

 今年も11月16日に開催予定だったが、会場など詳細は未定。乾さんは「地域教育会議として皆で何かできることがあるかを考えながら、良い方向に進めていけるよう見守っていきたい」と思いを寄せた。

通学路を見回る区の青パト=4日
通学路を見回る区の青パト=4日
緊急会議で話す荻原区長
緊急会議で話す荻原区長

多摩区版のトップニュース最新6

外国人相談窓口を拡充

川崎市

外国人相談窓口を拡充 社会

11言語で対応 7月中めど

7月19日号

募金でアジサイ30株

長尾

募金でアジサイ30株 社会

まつりで呼びかけ、植栽

7月19日号

秋の4連休 今年も

川崎市立校

秋の4連休 今年も 教育

保護者・教員に「有休」促す

7月12日号

手足口病 2年ぶり流行

手足口病 2年ぶり流行 社会

市内で警報、感染広がる

7月12日号

「園庭なし」4割超

認可・認定保育施設

「園庭なし」4割超 社会

市、公園混雑に「対策探る」

7月5日号

国の文化財 登録へ

二ヶ領用水

国の文化財 登録へ 社会

官民一体 「価値高め、後世に」

7月5日号

子育て支援に新連携

中野島

子育て支援に新連携 教育

「ネットワーク」8月発足へ

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

4日間のスポーツ体験

4日間のスポーツ体験

夏恒例、無料イベント

7月23日~7月26日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク