多摩区版 掲載号:2019年6月21日号 エリアトップへ

登戸区画整理事務所の所長に今春就任した 石井 芳和さん 登戸在勤 53歳

掲載号:2019年6月21日号

  • LINE
  • hatena

対話重ね、「至誠惻怛(しせいそくだつ)」

 ○...3年前に登戸区画整理事務所に配属され、企画担当課長、換地担当課長を経て、今年4月から職員29人の指揮官を務める。「この数年間で事業がここまで進んでいるのは、権利者をはじめ地元の皆さんのおかげ」と感謝を表す。「まごころと、いたみ悲しむ心を持って人と接する」。職員とも共有する座右の銘「至誠惻怛」を胸に、相手の立場に立って物事を考え、信頼関係を深めていく。

 ○...多摩川を挟んで都内で生まれ育ち、少年時代は向ヶ丘遊園地で遊んだり、モノレールに乗ったりと多摩区には愛着を持ち続ける。まちづくりに志を抱き、建設会社に2年ほど勤務した後、「地元に近い場所で仕事がしたい」と、川崎市役所に入庁。溝口駅周辺再開発事務所をスタート地点に、宮前区や高津区、本庁で勤務し、まちづくりを側面から支える許認可の業務には21年間携わった。台風や大雨による崖崩れに備えた防災上の安全対策として、時には泊まり込み勤務で崖地の点検に奔走してきた。

 ○...2011年の東日本大震災では、被災した造成地の危険度をチェックする派遣部隊として仙台市へ。「災害の怖さを肌で感じた」。川崎に帰ってからは、宅地防災の部署で全国に先駆けて宅地耐震化推進事業に着手。市内で土地の危険度を判定してきた。前例がない中、学識者の力を借りながら「土地の難しい構造の話ばかり。分厚い資料を手に日々勉強だった」と当時に思いをはせる。

 ○...街道のまち、職人のまちとして栄えた登戸の歴史を胸に、誠意を持って権利者と向き合う。「生活圏の一部でもある登戸で区画整理に携われるのはうれしい。令和7年度の完了に向けて、皆さんに『事業をやってよかった』と思ってもらえるよう努力する」。地元の声に寄り添い、歩み続ける。

多摩区版の人物風土記最新6

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を市内で初めて上演する

水島 涼太さん

東生田在住 68歳

2月21日号

伊藤 栄一さん

多摩交通安全協会の理事で、交通栄誉章「緑十字金章」を受章した

伊藤 栄一さん

宿河原在住 81歳

2月14日号

石川 雄也さん

登戸で美化活動を行う「グリーンバード専修大学チーム」の代表を務める

石川 雄也さん

枡形在住 19歳

2月7日号

西尾 信さん

2019年度「第32回川崎市自治功労賞」の受賞者に選ばれた

西尾 信さん

枡形在住 78歳

1月31日号

松平 晃さん

阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する

松平 晃さん

上丸子山王町在住 77歳

1月24日号

岸井 洋一さん

多摩防火協会の会長として、啓発活動に取り組む

岸井 洋一さん

南生田在住 76歳

1月17日号

勢津 智佳さん

川崎青年会議所(JC)の理事長に就任した

勢津 智佳さん

幸区在住 39歳

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク