多摩区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

神大OB組織 川崎で40年ぶり復活 市内卒業生 有志が再建

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
小林会長(右から2人目)ら川崎市宮陵会メンバー
小林会長(右から2人目)ら川崎市宮陵会メンバー

 川崎市内在住の神奈川大学卒業生が、同窓会組織「川崎市宮陵(きゅうりょう)会」を41年ぶりに復活させた。再建メンバーは活動を本格化させようと検討を進めている。

 一般社団法人神奈川大学宮陵会は同大と卒業生の連携を図る団体として国内と米国、英国などに地域組織を持つ。川崎では1955年ごろに一度発足したが、78年の「支部長改選中」という記録を最後に活動実態が不明になっていた。

 新組織は宮陵会で役員経験がある有志らが昨年9月、準備委員会を立ち上げ、十数人で活動を開始。今年3月の総会で正式に活動を再開させた。

 「大学がある横浜市の隣、卒業生が4千人以上もいる川崎で組織が動いていなかったので、母校の力になろうと思った」と話すのは小林和正新会長(79)=高津区在住。現在は小林会長や設立メンバーらが月1回、同大にある宮陵会館で会合を行い、会のPR手段などを検討している。

 小林会長は「まずは川崎にOB組織ができたことを知ってもらい、会員を増やすことが第一。愛校心が伝わる活動を行っていきたい」と意気込みを語る。

 同会は今後、神大での関連イベントなどにブースを出展し周知を図っていくという。

7/23家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

各界180人、懇親深め

区新年のつどい

各界180人、懇親深め 社会

パラリンピック金メダリスト 成田さん語る

1月17日号

秩父路三大氷柱(つらら)を堪能

秩父路三大氷柱(つらら)を堪能 社会

「日帰りバスツアー」贈呈

1月17日号

緑地で心新たに

区消防出初式

緑地で心新たに 社会

1月17日号

三が日 9千人近く

五反田神社・初詣

三が日 9千人近く 文化

1月17日号

カレンダーを読者に

カレンダーを読者に 社会

ファーレ立川アート

1月17日号

黒田 現役を続行

川崎新田ジム

黒田 現役を続行 スポーツ

「楽しく、てっぺん獲る」

1月17日号

オリ・パラ 準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 社会

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク