多摩区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

手足口病 2年ぶり流行 市内で警報、感染広がる

社会

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena
市の感染症情報発信システムは、スマートフォンでも閲覧可
市の感染症情報発信システムは、スマートフォンでも閲覧可

 夏季に流行し、口内や体に発疹が出る感染症「手足口病」が、川崎市内で2年ぶりに急増。多摩区でも6月中旬以降、増加傾向にある。市の調査によると、市内医療機関37施設あたりの患者数が6月末で警報基準値の5人を超える8・76人に達した。

 ウイルス性の感染症で、乳幼児を中心に流行する手足口病。患者との接触やせき、くしゃみを通じて感染し、発熱や体のだるさ、関節の痛みなどを伴うケースが多い。

 市が行う感染症発生動向調査では、手足口病の調査対象として定められた市内37カ所の小児科医療機関からの患者報告数を週単位で集計。6月24日〜30日の定点施設あたりの市内患者数8・76人は、横浜市や相模原市など県内14地区のうち最多となっている。

多摩区も対策

 多摩区5施設からの患者報告数は6月10日〜16日に3人だったが、17日〜23日に12人、24日〜30日には15人に増加した。

 多摩区保健福祉センターでは区内保育所の看護師が参加する会合や、妊娠中の母親らを対象にした月1回開催の「両親学級」などを通じて、手足口病の流行など感染症情報の周知に力を入れている。

 市保健所感染症対策課によると、7月から8月にかけて患者数がピークになる可能性が高く、予防策を呼びかけている。同課担当者は「幼稚園や保育園など子どもが集まる場所で集団感染が起こりやすい。石鹸を使った手洗いを徹底し、家庭内でもタオルの共用は避けてほしい」と注意を促す。

 手足口病には特別な治療法はなく、大人が感染すると重症化するケースもあるという。髄膜炎や脳炎などの合併症を起こす危険性もあるため、「症状を感じたら、早めに医療機関で受診するのが望ましい」としている。

 市は1週間の患者総数を施設数で割った患者数を定点あたりの人数として毎週公表しており、5人を流行発生警報基準値としている。これらの情報は、市が運営するサイト「川崎市感染症情報発信システム」(KIDSS)で公開されている。

7/23家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

川崎時代、糸口つかむ

ノーベル賞吉野氏

川崎時代、糸口つかむ 経済

82年 「空白の時間」に発見

10月18日号

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ 社会

井田病院、国から「議論必要」

10月18日号

キャッシュレスに賛否

多摩区商連

キャッシュレスに賛否 経済

導入伸びず、「様子見」多数

10月11日号

市立校、半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校、半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月11日号

菅住宅地、51位が7位に

基準地価上昇率 登戸も高騰

菅住宅地、51位が7位に 社会

10月4日号

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ

生田浄水場用地

川崎F(フロンターレ)が整備・運営へ 社会

市、22年 新施設完成めざす

10月4日号

南房総に支援物資

多摩区有志

南房総に支援物資 社会

トカイナカ 西山さんら結束

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク