多摩区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

市政報告 本市の空き家対策の現状と課題 川崎市議会議員みらい川崎市議会議員団露木 明美

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

 本市は年々増える空き家の問題について、「空家等対策計画」を策定し2017年度から5年間を第1期として取り組んでおり、本年はその中間年にあたります。

 これまで行ってきた主なことは、【1】所有者に対しての適正管理に向けた周知【2】相談窓口の設置【3】データベースの構築【4】消防による3カ月に1回以上の巡回―です。また区役所では近隣からの相談の解決に取り組んできました。

 しかし、区役所で対応した相談のうち解決できた案件は約4割と空き家問題の困難性がうかがえます。また、所有者側の問題の解決は十分ではありません。

所有者の7割超売却の意向

 一方、本市は昨年秋に全所有者651件に対して意向調査アンケートを実施し、今年4月に調査結果を公表しました。

 それによると所有者の約73%が売却の意向があるなど、解決に向けたヒントが明らかになりました。調査結果をもとに、以下の方向性をまとめました。▽維持管理に関する意識啓発の強化▽管理不全の空き家の指導の迅速化▽自治会やNPOなどとのマッチングの促進▽活用・流通促進に向けた普及啓発の強化、相談体制の充実―などです。

 今回の議会で私は、空き家対策の解決の方向性に向けた取り組みを実行するためには、各区役所担当の人的体制や本庁における担当部署の強化・充実が必要であることなどを質疑しました。

 まちづくり局長からは「関係部署との連携強化を図り、宅地建物取引業者や弁護士、司法書士等の専門家団体との連携による相談体制の充実に取り組む」「行政と関係団体からなる『川崎市空家等対策協議会』などにおいて効率的、効果的な実行体制について検討したい」という答弁がありました。

人的体制強化を

 私は民間等の協力を得て取り組むことは当然のこととしても、問題の早期解決に取り組むためには人的体制の強化・充実が必要であることを強く要望しました。

 今後も市民の皆様から要望をお寄せいただきながら、「安心」「安全」「ずっと住み続けたい街」を目指して取り組んでまいります。

川崎市議会議員 露木明美

川崎市多摩区西生田2-1-3

TEL:044-299-8184

http://tsuyuki-a.com

<PR>

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

「令和」新時代迎える

「令和」新時代迎える

”人づくりなくして国づくりなし” 衆議院議員 笠 浩史(りゅう ひろふみ)

5月1日号

高齢者施策に全力、国と連携強化

「すがわら進」市政報告

高齢者施策に全力、国と連携強化

地域資源生かし 「住みよい多摩区」へ

4月19日号

救急医療体制に新たな課題

市政報告 川崎市議会議員 三宅 隆介

救急医療体制に新たな課題

― 高齢者福祉施設からの救急搬送が急増―

3月22日号

私たちの町「多摩区」を誇れる町に

意見広告

私たちの町「多摩区」を誇れる町に

自民党川崎市連合支部青年局次長自民党川崎市多摩区第6支部長 上原まさひろ

3月22日号

7/23家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月21日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

4日間のスポーツ体験

4日間のスポーツ体験

夏恒例、無料イベント

7月23日~7月26日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク