多摩区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

(PR)

連載シリーズ【1】現場監督に聞く 新築アパートができるまで 企画・製作/ヤオキ商事

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena
厳しい目による検査は、毎回身の引き締まる瞬間(右)
厳しい目による検査は、毎回身の引き締まる瞬間(右)

基礎工事&第三者機関の検査

 梅雨まっただ中の蒸し暑い日「今日はぜひお見せしたいものがあるので」と連絡をいただき、登戸の某所へ。そこは午後からの第三者機関による検査を控えた新築アパート建築現場だった。

 「建物にとって一番大切なのは基礎工事です。でも鉄筋が錆(さ)びる前に手早くコンクリートを流し入れる必要があるので、なかなか施主さんがこの状態を見る機会がなくて残念」と田宮さん。特に梅雨の時期はスピードやタイミングに気を遣うそう。またこの工程をあえて見せたがる施工会社はそうないとのこと。

 この日、わざわざ取材クルーに連絡をくれたのは自信の証だろう。「素人はどこをチェックしたら良いかわからないのですが…」という質問に、「まず基礎配筋の間隔がきれいにそろっているかどうかを見てください。一見して美しいな、と感じる基礎配筋は強度もしっかりしています。それから、作業員の服や靴がきれいかどうかも意外と重要。仕事ができる職人の現場は清掃も行き届いています。そのほうが作業効率もいいからですよ」と話してくれた。プロならではの視点を伝授していただき、ちょっとトクした気分に。

建設現場の見学会、開催中

 「ヤオキ商事が他社とは一線を画している点は?」とうかがうと、「お客様への提案力でしょうか。建築棟数が圧倒的に多く、さまざまなノウハウをふんだんに有するので、他の会社から断られて諦め気味で相談にいらっしゃった方にも、その土地の特徴を有効に生かせる建築プランをご提案して驚かれます。また、自社施工ゆえに建築資材を一括発注することが可能となり、低価格を実現しています。建築中の詳しいデータも自社で保管してあるため、トラブルが起きた時の原因究明もしやすく、将来にわたり修繕・改築などのアフターフォローも万全です。今日のように、第三者機関の検査を実施して、二重三重の目で厳しいチェックを行っています」と誠実さのあふれる笑顔で答えてくれた田宮さん。

 ヤオキ商事では、随時建築現場の見学を受け付けている。工事担当者も状況が許す限り丁寧に対応してくれるそうなので、アパート経営に少しでも興味のある方は、ぜひ気軽に問い合わせてみてほしい。いつでも見学OKということは、いつ見られても大丈夫ということ。ありのままの現場を見ることで、真に信頼できる施工会社を見つけるヒントを得られるはずだ。
 

検査終了後は、サビを最小限に抑えるため、できるだけ早くコンクリートを流し込む。これ以降は基礎配筋を見ることはできない(左)
検査終了後は、サビを最小限に抑えるため、できるだけ早くコンクリートを流し込む。これ以降は基礎配筋を見ることはできない(左)

ヤオキ商事株式会社

川崎市高津区溝口2-16-1 中興溝ノ口2丁目ビル

TEL:044-829-2020

http://yaoki-japan.co.jp/

多摩区版のピックアップ(PR)最新6

ラグビーでよく聞く「脳振とう」日常生活でも起こるの?

歯科で使う顕微鏡マイクロスコープとは?

パーキンソン病かどうかはどうやって判断できますか?

「空き家・古家」の賢い対処法

後悔しない相続対策の実例を学ぶ 無料セミナー

「空き家・古家」の賢い対処法

10月21日 会場=専修大学サテライトキャンパス

10月11日号

「肩こり」はいつものこと…でも、治療できるって本当?

多摩区でもサービス続々利用可能に

お出かけ健康アプリ「楽天シニア」

多摩区でもサービス続々利用可能に

区民祭(19日)のPRブースでは抽選会も

10月11日号

コツつかみ、歌える体へ

コツつかみ、歌える体へ

向ヶ丘遊園 まずは体験

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク