多摩区版 掲載号:2019年7月19日号 エリアトップへ

3周年を迎えたおしゃべりサロン「あゆみ」を主宰し、母子支援活動に尽くす 大庭 美代子さん 中野島在住 50歳

掲載号:2019年7月19日号

  • LINE
  • hatena

「夢」描ける喜び、広めたい

 ○…妊娠や出産、子育ての悩みを気軽に話してもらう場として中野島と生田で始めた、おしゃべりサロン「あゆみ」が7月で3周年に。記念企画として、14日には故郷熊本の震災復興支援チャリティーイベントを中野島で開催。約80人が参加した。2周年のときはほぼ一人で企画を練ったが「今年は普段のサロン参加者が運営で動いてくれて」と感謝をにじませる。

 ○…熊本県で生まれ育ち、幼少期から貧困を経験。偏見や差別に苦しむ少女の心を救ったのは、小3のころ担任だった30代後半の男性教員だ。事情のある子どもたちを自宅に招いて勉強を教え、おやつをふるまってくれた。「こんな先生になりたい」。国立大学の教育学部で学び、IT企業に就職して長男を出産。「うまくいくはず」と思った矢先、産後うつに悩み、役所の育児相談では周囲の親たちと比較してさらに落ち込んだ。「あなたが笑顔にならないと、子どもが笑顔になれないのよ」。そんな一言で肩の力がふっと抜けた。30代後半で助産師を目指し、看護学を専攻し助産師、看護師として勤務。夫の転勤で6年前、中野島へやってきた。

 ○…多摩区役所で非常勤の保健師として2年勤め、子育て支援団体のNPO法人ままとんきっずとの接点を機に講演依頼を受けるように。行政委託の新生児訪問指導員や妊娠葛藤相談窓口の電話相談員、クリニックの非常勤助産師など活動の幅を広げ、母子支援に尽力。市立下布田小では市の委託を受けた寺子屋運営委員会の代表として、児童と地域の橋渡し役を担う。

 ○…「暇があればサロンのことを考え、ブログを更新する」。休日は月2日程度だが、恩師が人生を変えてくれたように、「経験を伝えることで誰かの可能性が広がれば本望」。夢が持てるように―願いを込め、活動する。

川崎市特別定額給付金のお知らせ

申請期限は令和2年8月31日まで!コールセンター0120-756-752

http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000117187.html

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

山田 朗(あきら)さん

明治大学教授で、開館10周年の登戸研究所資料館で館長を務める

山田 朗(あきら)さん

多摩市在住 63歳

8月14日号

石崎 徹さん

剣道クラブ「剣桜会」の指導部で、オンライン稽古の企画に携わった

石崎 徹さん

菅城下在住 51歳

8月7日号

渡邉 和子さん

「わけがありますくプロジェクト」でイラストやウェブ制作を手がける

渡邉 和子さん

長沢在住 51歳

7月31日号

大津 博之さん

多摩区子ども会連合会の会長を務める

大津 博之さん

宿河原在住 62歳

7月24日号

清田 陽助さん

多摩川を題材にしたミニアチュール(細密画)作品を手がける

清田 陽助さん

市内在勤 34歳

7月17日号

小川 聖子(せつこ)さん

デュオ「J&S陽だまりコンサート」で、音楽を通じた地域活動を続ける

小川 聖子(せつこ)さん

枡形在住 71歳

7月10日号

「バンバンなら私もいける!」

8/11(火)新台入替!新型コロナ対策・適切な取り組みを徹底中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク