多摩区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

市政報告 どこよりも子育てしやすく、子育て世代に選ばれるまちづくり 川崎市議会議員 かがみまさひこ

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena

 7月3日の令和元年第3回定例会において一般質問させていただいた中から1点ご報告させていただきます。

◆わくわくプラザ事業の充実化(寺子屋事業との連携・統合)

 保育園の待機児童が問題になっている今日ですが、就業中の保護者が昼間に子どもを預ける必要性があることは小学校に入学した後も変わることはありません。子どもが小学生になるタイミングで保護者が仕事を辞めたり、働き方を変えざるを得ない社会問題「小1の壁」が存在します。わたしたちが小学生の頃、放課後は字のごとく課題から解き放たれた後の自由で楽しいゴールデンタイムでした。かつて自由で伸びやかだった放課後は過去のものとなりました。

 本市においては、2003年からわくわくプラザ事業として小学校6年生までを預かるようになり、共働き世帯だけでなく幅広い世帯が利用しています。

 一方、「寺子屋事業」は、普段関わりが少ない地域のシニア世代の方々との触れ合いを通じ、学習支援や体験活動が行われており、とても有意義な活動となっていますが、活動場所、人材不足の観点からも十分な活動には至っていません。

 児童が放課後、安全に安心して過ごせる場所としてもわくわくプラザ事業が担う役割は一段と高まっています。保育園の待機児童問題ばかりが注目されておりますが、小学生の居場所でもあるわくわくプラザの内容充実化はとても重要な課題です。寺子屋事業との連携・統合を要望しました。

 また、保育園の待機児童問題につきましては、将来的に子どもの数が急激に増えることが見込まれない中、目先の待機児童解消だけのために保育所を増やすのではなく、先を見据えた取り組みも併せて要望しました。

 今後は、中学生の登下校時の服装(夏場に制服の下にジャージを着用する)問題や、長期欠席・不登校児童生徒への支援等に取り組んでまいります。

各務雅彦

川崎市多摩区南生田5-14-11

TEL:044-948-7840

https://kagamimasahiko.com/

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

市政報告

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月20日号

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

市政報告

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月13日号

新型コロナウイルス対策を万全に!

市政報告

新型コロナウイルス対策を万全に!

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

3月6日号

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

市政報告

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月6日号

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

市政報告

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

日本共産党 川崎市議会議員 井口まみ

3月6日号

子どもたちがゆたかに学べる川崎に

市政報告

子どもたちがゆたかに学べる川崎に

日本共産党 川崎市議会議員 赤石ひろ子

2月28日号

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク