多摩区版 掲載号:2019年7月26日号 エリアトップへ

登戸事件 事後対応 局単位で検証 市、課題集約し対策反映へ

社会

掲載号:2019年7月26日号

  • LINE
  • hatena
登校時の見守り=先月、宿河原小
登校時の見守り=先月、宿河原小

 多摩区登戸新町で児童らが殺傷された事件を受け、川崎市は多摩区と関係部局による臨時の対策会議を7月9日に開いた。局ごとに事後対応を振り返り、検証結果や課題について9月の市議会までをめどに集約する予定。今後の対策に生かしたい考えだ。

 対策会議には多摩区(荻原圭一区長)をはじめ、市民文化局や健康福祉局、消防局、教育委員会の局長級が参加。事件発生後の初動以降の対応について、時系列で検証し、課題を取りまとめる方向性を決めた。会議を主催した市危機管理室は「各局で計画どおり対応できていたか検証し、不足等があれば反映させていく」としている。

見守り担い手不足、高齢化も

 通学路の見守り活動はPTAのほか、地元町会や老人クラブの有志らがボランティアで担うのが実情だ。「行事を通じて近所の顔見知りを増やし、日頃の町会活動を充実させるのが第一」と話すのは、登戸町会連合会の松本英嗣会長。「参加者は70、80代が中心。防犯に限らず、地域活動全体として考える必要がある」とも。町会活動の担い手を確保し体制を整えるためには、後継者不足や高齢化が課題だという。

 市民文化局地域安全推進課では区役所と連携し、各区の町会と情報共有を図る。今回の振り返り検証について「今後の新たな事業展開には至っていない」とする一方、「町会活動は担い手の気持ちで成り立っている。引き続き町会からの意見を聞き、負担を減らすには何ができるか検討していく」との考えを示す。

 町会への関心につなげる一手として、多摩区では9月1日に下布田小学校で行う総合防災訓練を、前泊するキャンプ形式で企画し親子参加を募る。区企画課は「町会活動の担い手になりうる親世代に、防災の視点で地域活動の必要性を感じてもらえれば」と期待する。

 区独自の取り組みとして、多摩区は毎月28日を「子ども見守りの日」と定め、中原区は毎月1日に児童の見守り活動を行う計画だ。市議会では子どもの安全確保や再発防止に取り組む決議を、先月27日の定例会で可決した。

多摩区版のトップニュース最新6

熱中症 前年の1.7倍

川崎市救急搬送

熱中症 前年の1.7倍 社会

高齢者中心、各区で啓発

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 文化

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

ボトル再製品化へ試行

サミット中野島店

ボトル再製品化へ試行 社会

市内連携で「新・循環モデル」

7月16日号

登戸駅前に移動型店舗

小田急電鉄

登戸駅前に移動型店舗 経済

 

7月16日号

学生推薦100冊を特集

専修大コンパス

学生推薦100冊を特集 文化

多摩図書館 初コラボ展示

7月9日号

川沿い花壇、市大賞に

五反田自治会

川沿い花壇、市大賞に コミュニティ社会

園児体験や生ごみ堆肥も

7月9日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】7/19(月)16時~予定!中野島エリアは駅近で駐車場計114台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter