多摩区版 掲載号:2019年9月6日号 エリアトップへ

藤子ミュージアム 漫画名作選、全市立小へ 8周年 区内児童みこしも

教育

掲載号:2019年9月6日号

  • LINE
  • hatena
来館者や保護者に見守られながら巡行する児童
来館者や保護者に見守られながら巡行する児童

 川崎市藤子・F・不二雄ミュージアム(長尾)が9月3日、開館8周年を迎えた。これを記念し、同館は全市立小学校に「学年別ドラえもん名作選」を寄贈。1日に行われた寄贈式には長尾小と稲田小、宿河原小の児童約50人も参加し、会場を盛り上げた。

 同館が贈ったのは、今年刊行された「ドラえもん一年生」から「ドラえもん六年生」までの全6巻。藤子・F・不二雄氏は学年に応じてテーマや言葉遣いを描き分けていたといい、漫画を楽しみながら学べる内容に編集されている。今回は、特別支援学校を含む市内の117校に2セットずつ贈られた。

 寄贈式には同館の伊藤善章館長と福田紀彦市長、市教育委員会の小田嶋満教育長が参列。伊藤館長は「巻末に解説があり、面白いと同時にためになる漫画。楽しんで読んでもらいたい」と語った。福田市長は「小学生が想像力をたくましくして、自ら学ぶことにつながれば」と期待を寄せた。

 地元3校の児童は提灯や太鼓を手に、ドラえもんの法被姿で登場。4年生以上は神輿を担ぎ、「ドラドラわっしょい」のかけ声に合わせて会場を回った。参加した宿河原小6年の星佑成君(11)は「重かったけれど、みんなでかけ声をして楽しかった」、吉永潤也君(12)は「学校の図書室でドラえもんを読む人も結構いる。本が増えるのは嬉しい」と感想を話した。

左から伊藤館長、福田市長、小田嶋教育長
左から伊藤館長、福田市長、小田嶋教育長

多摩区版のトップニュース最新6

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

生田緑地 区域変更へ

遊園跡地都市計画

生田緑地 区域変更へ 経済

説明会に50人超、意見交換

7月3日号

レジ袋有料化で転機

商店会エコポイント

レジ袋有料化で転機 経済

新たに「SDGs」啓発へ

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立を

熱中症・コロナ 対策両立を 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

枡中・稲中 初の合同開講

川崎市寺子屋

枡中・稲中 初の合同開講 教育

15日に活動再開、一番乗り

6月19日号

向ヶ丘店 9月末閉店

ダイエー

向ヶ丘店 9月末閉店 経済

「再出店」へ調整、計画は未定

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク