多摩区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

菅の獅子舞 力演で本番へ、士気高く 15日、現役11年目舞う

文化

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
薬師堂の会館内で練習する舞子ら=9日
薬師堂の会館内で練習する舞子ら=9日

 菅で800年続く県指定無形民俗文化財「菅の獅子舞」。本番を9月15日に控え、9日には最後の練習が行われた。

 菅の獅子舞は天狗を先導役に、雄獅子と雌獅子、臼獅子が笛や歌に合わせて舞う。舞子を担うのは地元の大学生らで、天狗は鈴木友和さん(22)、獅子は入山八大さん(23・雄)と佐々木平蔵さん(21・雌)、佐々木柊さん(22・臼)。代替わりまで同じメンバーで現役を続けるのが習わしで、4人は小中学生のころから同役に就き、今年で11年目という。

 9日は天狗面と獅子をかぶり、笛や歌に合わせて本番さながらに約1時間演舞。歴代の舞子も集まり、参加できなかった臼獅子の代役を務めるなど練習を支えた。「大人になり、踊りの理由を理解した。天狗の一人芝居にも注目してもらえたら」と鈴木さん。入山さんは「10年やっても完成度は半分。端から端まで全部見てほしい」、佐々木平蔵さんは「体が大きくなっている分、ダイナミックに踊りたい」と語った。

 伝統を守る菅獅子舞保存会は今年、金子敦さん=人物風土記で紹介=が新会長に就任。歌い手の一人として今回の練習を見届けた宇津木東功前会長は「よかったと思う。本番は無事に踊り切ってもらうことが一番」と思いを話した。

 獅子舞は法泉寺・薬師堂(菅北浦4の16の2)で午後2時から。午前9時からは子ども相撲も開催。菅薬師奉賛会の廣田健一会長は「大相撲で活躍する子も出てきている。さらに全国へ輩出していけたら」と話している。

多摩区版のローカルニュース最新6

南美(みなみ)ちゃん 手術完了

拡張型心筋症

南美(みなみ)ちゃん 手術完了 社会

「命のバトン、守りたい」

10月11日号

ホーム等々力盛り上げへ一役

ホーム等々力盛り上げへ一役 スポーツ

武蔵小杉駅 壁面に選手

10月11日号

4匹に新たな飼い主

4匹に新たな飼い主 社会

愛護フェアでネコ譲渡会

10月11日号

紙芝居で「災害備えて」

紙芝居で「災害備えて」 社会

講座に親子35組

10月11日号

紺野さんら朗読と音楽

自慢の鉢植コンテスト

13日に本祭

13日に本祭 文化

10月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク