多摩区版 掲載号:2019年9月13日号 エリアトップへ

九条の会 10年目も響く 平和の鐘 「9時9分」 長念寺で

社会

掲載号:2019年9月13日号

  • LINE
  • hatena
順番に鐘をつく参加者(上)と、思いを語る萩坂さん
順番に鐘をつく参加者(上)と、思いを語る萩坂さん

 9月9日9時9分―。たま九条の会ら区内4つの会による「平和の鐘つき」が今年も9月9日、登戸の長念寺で開催された。明け方までの台風の影響で例年より少ない20人ほどの参加だったが、鐘つきや意見交流で平和への思いを新たにした。

 日本国憲法9条にちなみ、毎年同日に開いてきた催しで、今年は節目の10回目。参加者は順番に鐘楼に上がり、「子や孫のために平和な未来を残そう」「戦争はぜったいダメ」「憲法9条を守ろう」と、それぞれの願いを込めて鐘をついた。

 本堂に会場を移すと、小林泰善住職が講話。仏教の考え方や、戦時に学童疎開で同寺が使われたことなどについて語った。市民団体「平和を願う会」の共同代表で語り部の萩坂心一さんは、「新・戦争のつくりかた」という絵本を朗読。戦争がどのようにして起こりうるのか、力強くも緩急のある口調で読み聞かせた。その後も参加者が戦争体験を語るなど、皆で意見を交わした。

 たま九条の会の田代浩一代表は「10年続くのかなと思っていたけれど、年々新しく参加してくれる人も増えている」とこれまでを振り返った。

多摩区版のローカルニュース最新6

長尾小 全児童に布マスク

【Web限定記事】

長尾小 全児童に布マスク 教育

PTA リレーで手作り

5月29日号

給付金 便乗詐欺に用心

【Web限定記事】

給付金 便乗詐欺に用心 社会

県警、動画で呼びかけ

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

【Web限定記事】

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

それぞれの「見守り」

それぞれの「見守り」 社会

登戸事件1年 多摩署で黙とう

5月29日号

来週から分散登校

地元応援券に要望

市商連

地元応援券に要望 経済

各区の声受け、市へ提出

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 6月1日19:54更新

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月1日号

お問い合わせ

外部リンク