多摩区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

運転免許 自主返納 7区で増加 県市と民間 独自策に注力

社会

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena

 今年1月から8月末までの自動車運転免許の自主返納者が、川崎市で前年比1・3倍の3527人だったことが県警の集計で分かった。市は今年度から高齢運転者向けのチェック表を1万枚作成し、区庁舎などに設置。県警では、小売店などで「運転経歴証明書」提示により特典が受けられるサポート事業を展開し、民間の協力が市内でも広がりつつある。

 昨年8月末までの返納数は2726件で、今年は801件増加。区別に見ると、増加率が最も大きいのは多摩区で506件(前年比161件増)。次いで高津区で546件(同158件増)だった。

 市は、高齢運転者に身体能力の低下を意識し安全運転を心がけてもらうため、今年度から啓発チラシを作成。チラシ裏面にはチェックリストが付いており、「曲がる際にウィンカーを出し忘れることがある」「車間距離を一定に保つことが苦手になった」など、30問中5問以上にチェックが入った場合には注意するよう呼びかけている。

 2017年からは、市内在住の65歳以上を対象に「運転適性検査と認知・判断力診断講習会」を実施。昨年の参加人数は計3回で32人だったが、今年は第2回を終えた時点で26人となり、参加率が増えている。

140企業が協力

 県警は、加盟店で「運転経歴証明書」を提示すると特典が受けられるサポート制度を09年から開始。小売店や飲食店等が加盟しており、8月末時点での登録数は140企業、972店舗に上る。宮前区の車買取店では、売却後3カ月以内に運転経歴証明書を提示すると1万円相当のカタログギフトを贈呈するなど、各社趣向を凝らす。

 東急セキュリティ(株)(東京都)は、今年9月に加盟。川崎区と幸区を除く市内5区の一部地域の居住者を対象に、緊急時に警備員が駆けつけるサービスの初期登録費を無料にしている。担当者は「高齢ドライバーの事故が増える中、安心安全をキーワードに手伝えることはないかと考えた」と経緯を語った。

産直販売所「黒豚のいなほ」

世界一の黒豚づくりを目指す鹿児島渡辺バークシャー牧場

http://www.inahop.com

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

市民に開かれ40年

市緑化センター

市民に開かれ40年 社会

フェア10年 地域と共に

11月15日号

住民説明会 月末に

フロンタウン生田

住民説明会 月末に 経済

市、川崎Fと契約へ

11月15日号

ドラえもん装飾で賞

小田急線 登戸駅

ドラえもん装飾で賞 経済

グッドデザイン100に選出

11月8日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民 ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

緑と20年、新時代を歩む

岡本太郎美術館

緑と20年、新時代を歩む 文化

式典に100人 期待の声

11月1日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

8割が「レッド指定」か

土砂災害警戒区域

8割が「レッド指定」か 社会

県調査、多摩区は136区域

10月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク