多摩区版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む 櫻井 裕二さん 宿河原在住 76歳

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena

頼れる町の「管理人さん」

 ○…近所の人と連絡が取れなくて――。新聞でも空家問題が取り沙汰された4年前、そんな相談を受けてすぐに動いた。自治会役員らとパトロールや聞き取りを重ね、独自の調査で12戸の空家を確認。所有者の連絡先を把握し、全戸建て替えにまでこぎつけた。「とにかく早めに動かないと時期を失ってしまう。お礼の言葉が何より」。新たな空家にも目を配り、住みよいまちづくりに尽くす。

 ○…定年後、10年近く続けた仕事がマンションの管理人。「すぐに対応してあげることが住民さんのためになる」と、ゴミ置き場の整備からネコよけ、ハチの駆除まで何でも請け負った。800世帯が加入する多摩新町自治会の会長として6年目の今も、その行動力は健在。最近では、住民の声を受けて町内の消火器50本以上を新調した。「小さなことでも相談があったら対応するのがポリシー。突発的に年間の事業計画にないことばかりやっちゃう」と一笑する。

 ○…茨城県水戸市出身、兄姉のいる末っ子。親は梅の名所・偕楽園の近くでラーメン店を営み、小学生のころから出前を手伝った。「梅まつりの時季は書き入れ時」と、忙しい日々を懐かしむ。高校では農産加工を学び、川崎市内の食品工場で63歳まで働いた。職場の陸上部では駅伝でアンカーを担うなど活躍。宿河原に居を構えて30余年、その足で地域を奔走する。

 ○…空家だった場所は1戸につき4、5戸の新居が建ち、若い住民が増えた。「ゴミ捨ての問題や防災のためにも、自治会に入ってもらうようにお願いしている」と一軒一軒、説明に時間を惜しまない。老朽化していた自治会館は、今年中の完成を目指し建て替え工事中。「誰でも来てもらえる、老若男女が集まれる場所にしていきたい」。みんなの喜ぶ姿を待ち望む。

多摩区版の人物風土記最新6

武井 慎一郎さん

川崎市ゆかりのプロ歌手・桜井純恵さんのマネージャーとして活動を支える

武井 慎一郎さん

高津区在住 53歳

11月8日号

北條 秀衛さん

20周年を迎えた川崎市岡本太郎美術館の館長を務める

北條 秀衛さん

麻生区在住 73歳

11月1日号

山田 大晟さん

専修大学ゴルフ部OBで、2019年度のプロテストに合格した

山田 大晟さん

相模原ゴルフクラブ所属 24歳

10月25日号

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

産直販売所「黒豚のいなほ」

世界一の黒豚づくりを目指す鹿児島渡辺バークシャー牧場

http://www.inahop.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心と体の健康管理

心と体の健康管理

30日 武田病院

11月30日~11月30日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク