多摩区版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

稲田保育園 70年の歩み、地域に感謝 記念式典 120人超集う

教育

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
園児による散華舞踊「法の深山」(上)、合唱「にじ」
園児による散華舞踊「法の深山」(上)、合唱「にじ」

 登戸の稲田保育園(小林泰善理事長)の創立70周年と、卒園生や住民らによる後援会「いちょうの会」(木下新一会長・実行委員長)結成40周年の記念祝賀会が10月27日、同園で行われた。

 式典には伊藤弘副市長、登戸小学校の高津原洋一郎校長、市内保育園の園長や保育関係者ら120人以上が出席。後半は長念寺本堂・客殿で祝賀会が開かれた。

 冒頭のあいさつで、小林史子園長は「地元の皆様に支えられてここまで来ることができた。これから80年、90年へ皆様の力をお借りしながら歩んでいきたい」と強調。川崎市保育会の近藤芳晴理事長は「私たちの会にとって稲田保育園は特別な存在。地域の子育て拠点として今後も発展してほしい」と思いを込めた。

 いちょうの会は、記念品として園庭用の掛け時計を同園に贈呈。舞台では、在園児による散華舞踊と合唱も披露された。

 同園は市内最古の民間保育園として1949(昭和24)年4月、長念寺本堂で開設。定員60人でスタートし、今春までに合計2534人の卒園生を送り出してきた。創立30周年記念式典のときの実行委員が中心になり、同園の後援会として「いちょうの会」が誕生。今回の記念祝賀会は同会が主体の実行委員会によって企画、運営された。

出席者を前にあいさつする小林史子園長(右)
出席者を前にあいさつする小林史子園長(右)

多摩区版のローカルニュース最新6

作品展 祭りに花添え

作品展 祭りに花添え 社会

菅会館で2日間

11月22日号

民家園 紅葉と灯り

民家園 紅葉と灯り 文化

23日・24日 夜まで

11月22日号

登戸U(ユニオンズ)が優勝

少年野球 ジェイコム旗争奪

登戸U(ユニオンズ)が優勝 スポーツ

11月22日号

登戸の未来、共に考え

まちなか遊縁地(ゆうえんち)

登戸の未来、共に考え 経済

「市民の声」調査結果を掲示

11月22日号

「火の用心」徹底を

「火の用心」徹底を 社会

秋の運動で呼びかけ

11月22日号

福祉応援菅フリマ

福祉応援菅フリマ 社会

あす開催

11月22日号

劇団民藝12月公演

劇団民藝12月公演 文化

三越劇場

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 11月22日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

多摩区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク