多摩区版 掲載号:2019年11月22日号 エリアトップへ

多摩川河川敷 30施設 復旧は来年度 市、原状回復へ補正予算

社会

掲載号:2019年11月22日号

  • LINE
  • hatena
ボランティアの協力で整備が進む野球場
ボランティアの協力で整備が進む野球場

 台風19号の影響で、多摩川河川敷の運動場など39施設が利用できなくなっている。川崎市は土砂の撤去などを行うため、12月の補正予算案に約5億5千万円を計上したが、約30施設の利用再開は来年度以降になる見込みだ。利用者らが早期利用を求め、ボランティアによる復旧作業が進む地区もある。

 大量の土砂が流れ込み、ベンチやバックネットが流されるなどの被害を受けた運動施設は野球場やサッカー場、陸上競技場など39施設。市が管理する同類の屋外施設の約6割を占める。

 川崎市は11月15日、土砂や流木の撤去など施設の復旧に充てる費用として12月補正予算案に5億4600万円を計上。しかし、フェンスの設置やサッカーゴールの購入などは来年度予算に組み込むとしており、約30施設の利用再開は早くて来年度以降の予定だ。市担当者は「どの施設から整備にあたるかは来年度予算が通ってから決める。作業工程は未定」と話す。

 一方で、利用再開のために、有志ボランティアが復旧に携わる動きも見られる。市は公共施設利用予約システム「ふれあいネット」の利用対象ではない無料施設については、ボランティアを受け入れている。多摩川管理事務所(幸区)で受け付けており、これまでに4団体からボランティア申請があり、4カ所で作業が行われている。

 菅少年野球場(多摩区)は地元住民や民間企業のボランティアが整備を進め、グラウンドが平らにならされた。市が整備状況を確認した後、使用許可が下りれば再開できるという。

 同球場を利用していた多摩区の中学生軟式野球クラブチーム・菅フェニックスクラブ顧問の及川雄幸さんは「各学年の選手が練習する場所を必要としている。」と話す。作業にあたった男性は「グラウンドがなければスポーツ愛好家の行き場がなくなる」と説明した。

多摩区版のトップニュース最新6

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

12月6日号

背泳ぎで東京めざす

パラ金メダリスト成田真由美さん

背泳ぎで東京めざす スポーツ

来春、代表選考会に照準

12月6日号

交通問題 解消へ一歩

自治会 生田山の手

交通問題 解消へ一歩 社会

タクシー活用から検討

11月29日号

女子 初の関東大会へ

稲中駅伝部

女子 初の関東大会へ スポーツ

27年ぶり市制覇、1日号砲

11月29日号

公私立 枠超え継続

こどもふれあいステージ中野島

公私立 枠超え継続 教育

カリタスに生徒ら175人

11月22日号

住民説明会 月末に

フロンタウン生田

住民説明会 月末に 経済

市、川崎Fと契約へ

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク