多摩区版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

生田8丁目 「坂の上」 自宅で遺作展  妻・紀代さん 亡き夫思い、2年越し

文化

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena
紀代さんと、吹き抜けの玄関に並ぶ克己さんの作品
紀代さんと、吹き抜けの玄関に並ぶ克己さんの作品

 妻にとて 残せしものは 3人の娘と 我がいくばくの絵――。そう手帳に記し、2017年12月6日に亡くなった井上克己さん(享年72)。全日本職場美術協議会の一員として数々の絵を残した克己さんを思い、妻の紀代さん(71)が生田8丁目の自宅で遺作展「坂の上の絵画展」を開いている。

 まさに坂道の頂上にある自宅に入ると、故郷の長崎や身近な多摩川、全国各地の風景が出迎えてくれる。展示はおよそ100点。一つひとつにタイトルと年代がつけられ、一部には紀代さんのコメントも。船の機関艤装の設計をしていた克己さんの作品は、海や植物が入り込んだ景色が多い。「波や風になびくものは夫の得意技」と紀代さん。亡くなる2日前、一人で2階に上がって描いていたと思われる作品は「絶筆」と名付けた。

 近所の日向山ぼっこ祭りでは子どもたちに絵を教え、五反田節を歌っていた克己さん。息を引き取って数日後、紀代さんは手帳に書かれたいくつもの短歌を発見し、「家に絵を眠らせておくのはもったいない。私が何とかしなきゃ」とこの遺作展を考えてきたという。展示はきょう12月6日で一旦終了。紀代さんは「ここまで多くの人に助けてもらった。まだたくさん絵があるので今後も展示を続けられたら」と思いを話す。

 自宅の場所は生田8の16の12。遺作展の問い合わせは【電話】044・900・1131。

最期に使われた道具と「絶筆」
最期に使われた道具と「絶筆」

多摩区版のローカルニュース最新6

各界180人、懇親深め

区新年のつどい

各界180人、懇親深め 社会

パラリンピック金メダリスト 成田さん語る

1月17日号

秩父路三大氷柱(つらら)を堪能

秩父路三大氷柱(つらら)を堪能 社会

「日帰りバスツアー」贈呈

1月17日号

緑地で心新たに

区消防出初式

緑地で心新たに 社会

1月17日号

三が日 9千人近く

五反田神社・初詣

三が日 9千人近く 文化

1月17日号

カレンダーを読者に

カレンダーを読者に 社会

ファーレ立川アート

1月17日号

黒田 現役を続行

川崎新田ジム

黒田 現役を続行 スポーツ

「楽しく、てっぺん獲る」

1月17日号

オリ・パラ 準備は万端

黒岩知事インタビュー

オリ・パラ 準備は万端 社会

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク