多摩区版 掲載号:2020年1月1日号 エリアトップへ

菅北浦 「子(ね)」之神社を紐解く 十二支に由来 変遷経て

文化

掲載号:2020年1月1日号

  • LINE
  • hatena
再建や改築を繰り返してきた拝殿
再建や改築を繰り返してきた拝殿

 地元で「ねのかみさま」と呼ばれ、初詣では多くの地域住民が列をつくる菅北浦の子(ね)之(の)神社。本殿は細部まで精緻な彫刻装飾で埋め尽くされ、貴重な建造物として市重要歴史記念物に登録されている。そんな同神社の名称は、十二支の「子」に関係があるという。

 社伝等によると、鎮座の年代は不明ながら菅村地主明神は大己貴神(おおなむちのかみ)(大国主神)を祀り、本地は十一面観音と伝承。後の人が、薬師如来を守る十二神将の筆頭格「宮(く)毘(び)羅(ら)神(しん)」を習合した。この宮毘羅神には十二支の「子」が割り当てられており、習合の際「子神(ねのかみ)」と名付けられた。

 しかし、「子」が「根」の字だった時代もある。保元の乱(1156年)の白川殿夜討のとき、源為朝が源義朝に放った矢の鏃(やじり)を、義朝の子・義経が継受。義経がその鏃(矢の根)を同神社に納めたことから、「子神」を字音の似た「根神(ねのかみ)」に改めたという。このころ現在の場所に社殿が築かれ、小沢郷七ヶ村(菅・細山・金程から稲城市の坂浜付近)の総鎮守に。江戸時代には菅村の鎮守として、根ノ神社(ねのかみしゃ)、根上(ねのかみ)明神、根(ね)之(の)神社(じんじゃ)などと呼ばれていた。

 そして、今の社名に定められたのは1873(明治6)年12月。1868年に神仏分離令が出された後、村社に列せられ、「子」の字に戻った。

 子之神社と八雲神社(菅2丁目)の2社を支える菅氏子会は、その起源や歴史を伝えようと、1年ほど前にパンフレットを作成。祭事などで参拝者に配布している。同会の上原宏也会長は「受け継がれてきた村の守り神を後世に伝え、残していくことが我々の役目。社殿を維持管理しながら、祭事を盛大に、安全に続けていきたい」と思いを話している。

菅氏子会の上原会長
菅氏子会の上原会長

川崎市特別定額給付金のお知らせ

申請期限は令和2年8月31日まで!コールセンター0120-756-752

http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000117187.html

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

収集・発信 重ね10年

登戸研究所資料館

収集・発信 重ね10年 社会

記憶承継、「未知」に挑む

8月14日号

販売数、見込みの5割

川崎じもと応援券

販売数、見込みの5割 経済

   商店主ら「大型店も対象に」

8月14日号

オンライン稽古で成果

剣桜会

オンライン稽古で成果 スポーツ

「基礎」着々と、週1回継続

8月7日号

街路灯「維持費に重荷」

市商連

街路灯「維持費に重荷」 社会

補助金増額、市へ求め

8月7日号

10月、緑地・水辺つなぐ

多摩区観光協会

10月、緑地・水辺つなぐ 社会

初の催し 周遊で商店活性

7月31日号

「マスク不着用、理解を」

「マスク不着用、理解を」 社会

友人グループ 意思表示バッジ配布

7月31日号

「バンバンなら私もいける!」

8/11(火)新台入替!新型コロナ対策・適切な取り組みを徹底中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

  • 7月31日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月14日号

お問い合わせ

外部リンク