多摩区版 掲載号:2020年1月17日号 エリアトップへ

市政報告 川崎市だからこそ生まれた「人権尊重のまちづくり条例」 みらい川崎市議会議員団 露木 明美

掲載号:2020年1月17日号

  • LINE
  • hatena

本会議で可決

 昨年12月12日に「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」案が本会議で可決・成立し、施行の運びとなりました。全国で初めてとなる罰則規定を盛り込み、不当な差別の根絶を目指す条例です。

 当初は、本市で繰り返し行われたヘイトスピーチにより傷つけられてきた在日韓国・朝鮮の方々を恐怖から守る目的で、2016年に施行された国のいわゆる「ヘイトスピーチ解消法」が掲げる「地方自治体の責務として地域実情に応じた施策を講じる義務」を含んだ内容に基づき条例づくりを進めてきました。

多文化共生の風土

 しかしそれだけではなく、作成過程において対象者を無理解により不当な差別を受け苦しんでいるLGBTの方や障害者などに広げた条例としました。本市は多くの方々がいろいろな地域から移り住んできて成長してきた街です。そして、それらのさまざまな文化が融合して共生し、お互いを尊重することによって新しい文化をつくってきた多文化共生の街です。

 こうした風土の中から、1996年に「市職員採用における国籍条項撤廃」(実際の採用は98年4月)と全国初の「外国市民代表者会議」が、2001年には「子どもの権利に関する条例」がこれも全国で初めて施行されました。今回の「人権尊重のまちづくり条例」の成立は本市において自然の流れであったともいえるものです。

 私たちはこうした経過を踏まえ、これまで「人権尊重のまちづくり条例」の制定に向け議会質問などにより取り組んできており、このたびの条例の施行を大変うれしく思います。今後はこの条例が差別のないまちづくりに十分生かされることを強く願っています(条例の内容については川崎市ウェブサイト参照)。

川崎市議会議員 露木明美

川崎市多摩区西生田2-1-3

TEL:044-299-8184

http://tsuyuki-a.com

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

台風19号 浸水の検証進むが水路からの浸水に課題あり

市政報告

台風19号 浸水の検証進むが水路からの浸水に課題あり

川崎市議会議員 上原まさひろ

2月21日号

五反田川放水路の整備進む

市政報告

五反田川放水路の整備進む

川崎市議会議員 上原まさひろ

2月14日号

交通問題解消のために

市政報告

交通問題解消のために

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月31日号

保育所で働く職員の安全確保のために

市政報告

保育所で働く職員の安全確保のために

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月24日号

タクシー利用も選択できるように

市政報告

タクシー利用も選択できるように

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月17日号

「皆さまのご支援が必要です」

市政報告

「皆さまのご支援が必要です」

川崎市議会議員 かがみまさひこ

1月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク