多摩区版 掲載号:2020年1月24日号 エリアトップへ

阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する 松平 晃さん 上丸子山王町在住 77歳

掲載号:2020年1月24日号

  • LINE
  • hatena

音色に思い、被災地へ

 ○…阪神・淡路大震災が発生した1月17日。「早朝追悼のつどい」(神戸市)で1999年からトランペット演奏を続け、今年は「阪神淡路大震災1・17のつどい」で奏でた。竹灯ろうが輝く、高台にある公園で『花は咲く』『上を向いて歩こう』を披露。「亡くなった方をしのぶと同時に、被災地の方々が元気に過ごす活力になれば」と、楽しんでもらうことを心がけている。

 ○…公演に出るため震災前日まで神戸市に滞在しており、宿泊していたホテルの倒壊を翌日に知った。その4年後、被災地の知り合いから演奏を依頼されて快諾。「20年も続くとは思わなかったけれども、私が吹ける限り続けていきたい」。強い思いを込める。

 ○…西中原中学校に在学中、吹奏楽部が創部しトランペットに出会った。「最初はうまく吹けず悔しくて、毎日のように練習した」と振り返る。日本電気(NEC)に入社後すぐに吹奏楽団が発足。初の公演では一曲目の出だしでソロ演奏を任された。「今でも鮮明に覚えている。吹ける喜びを得られたかな」。3人の子どもを育て、たまに孫を連れて遊びに来るという。「お正月はみんな集まってにぎやかだったね」と微笑む。

 ○…昨年の台風19号の影響で、自宅が床上浸水し自らも被災者となった。ウェブ上の交流サイト(SNS)で被災状況を発信すると、多くの仲間から激励の言葉をもらった。「一生懸命協力してくれるボランティアの姿に涙が出た。地域の方たちとまちの再生に力を入れたい」。SNSの普及もあり、一緒にステージに立つミュージシャン仲間が増えた。「阪神・淡路大震災を風化させないためにも、私に続くミュージシャンが思いをつないでいってくれたらうれしいですね」

多摩区版の人物風土記最新6

草間 園子さん

東日本旅客鉄道(JR東日本)登戸駅で、女性初の駅長に着任した

草間 園子さん

東京都在住 44歳

2月28日号

水島 涼太さん

俳優として、一人芝居「看取り」を市内で初めて上演する

水島 涼太さん

東生田在住 68歳

2月21日号

伊藤 栄一さん

多摩交通安全協会の理事で、交通栄誉章「緑十字金章」を受章した

伊藤 栄一さん

宿河原在住 81歳

2月14日号

石川 雄也さん

登戸で美化活動を行う「グリーンバード専修大学チーム」の代表を務める

石川 雄也さん

枡形在住 19歳

2月7日号

西尾 信さん

2019年度「第32回川崎市自治功労賞」の受賞者に選ばれた

西尾 信さん

枡形在住 78歳

1月31日号

岸井 洋一さん

多摩防火協会の会長として、啓発活動に取り組む

岸井 洋一さん

南生田在住 76歳

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク