多摩区版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

南生田中 学び共有、生き方考える 「推進校」2年間取り組み

教育

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
「持続可能な社会を目指して」取り組みたいことを発表する生徒
「持続可能な社会を目指して」取り組みたいことを発表する生徒

 川崎市教育委員会研究推進校として、2年にわたってキャリア教育等に取り組んできた市立南生田中学校(網屋直昭校長)。1月27日には市立中学校の教員や関係者らが集まる研究報告会が行われ、各クラスの授業が公開された。

 同校では昨年12月、環境や人権尊重、平和、地域等を課題に校外講師を招いた15のキャリア講座を開講。生徒がそれぞれの講座で学んだ内容を、今回の公開授業内で共有した。授業課題は「持続可能な社会の構築のために、これからの自己の生き方を考えよう」。国連が掲げる「SDGs」の項目と関連付け、生徒は「困っている人に声をかける」「無駄な包装を断る」など、今後取り組む行動を思い描いた。

 同校は「キャリア在り方生き方教育」という視点で、昨年度からキャリア講座を2回行ったほか、講演会や地域交流学習を実施。2回の講座で講師を務めた登戸研究所保存の会の森田忠正さんは「研究所の見学とは違い、教室内でグループ活動が活発。平和の大切さを知ってもらえる機会になりうれしい」と話す。

 公開授業後は市内の教員同士の意見交換も。網屋校長は「キャリア教育とSDGsはつながる部分があり、一緒に考えられる。地域の皆さんの協力を得ながら来年度も続けたい」と話している。

学んだことを付箋を使って分類
学んだことを付箋を使って分類

多摩区版のローカルニュース最新6

オケや合唱バレエ集う

市民芸術祭・舞台

オケや合唱バレエ集う 文化

2月21日号

母の「看取り」演じる

母の「看取り」演じる 文化

俳優・水島涼太さん 市内で初公演

2月21日号

ネット申告をPR

ネット申告をPR 経済

ボクサーが西税務署に

2月21日号

「安心した」が率直な気持ち

小金沢昇司さん 特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

2月21日号

「はなもす」今年も

区観光協会

「はなもす」今年も 文化

巻頭特集でオリパラ

2月21日号

4カ国、多摩区で交流

清掃体験と農家めし

4カ国、多摩区で交流 社会

2月21日号

要支援以上は7768人

多摩区高齢者人口

要支援以上は7768人 社会

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク