多摩区版 掲載号:2020年2月21日号 エリアトップへ

多摩区予算案 11校に昇降器具設置へ 資器材・全市2千万円

政治

掲載号:2020年2月21日号

  • LINE
  • hatena
昨年10月の避難所の様子=区提供
昨年10月の避難所の様子=区提供

 川崎市は昨年の台風被害を踏まえた施策として、避難所や区災害対策本部に資器材を充実させる方針を打ち出した。2020年度の市予算案で約2千万円を計上しており、多摩区は洪水浸水想定区域の避難所11校に、車いす等の垂直避難に使う昇降器具を整備する。

 多摩区の予算案では、前年と同じ5本柱の一つに災害対策を掲げ、前年比約127万円増の約680万円を計上。多摩区危機管理事業に、洪水や浸水害時の避難所での安全確保として、資器材の整備を盛り込んでいる。

 整備対象の避難所は、洪水や浸水が想定される区内の市立小中学校11校。区の集計では、昨年10月の台風19号で区内避難所への最大避難者数は8千人を超えたという。

 区企画課は「2階以上への垂直避難の重要性を学んだ」とし、「エレベーターのない避難所の体育館で、車いすを2階に持ち運んだ事例があった。立地的に優先順位の高い学校は、前倒しで昇降用のリフトを設置したい」との意向を示す。稲田中や下布田小など多摩川に近い避難所は、今年度中にも整備を目指すとしている。

登戸・遊園地区今年もAR活用

 5本柱の一つ、地域資源活用の項目では、前年比約71万円増の約2253万円を計上している。

 「登戸・向ヶ丘遊園駅周辺地区賑わい継承事業」として昨年6月に開始した、AR(拡張現実)を活用した新たな取り組みは来年度も継続する。両駅や生田緑地など区内9カ所にARの仕掛けを施し、回遊してもらう試みで、昨年末まで約半年で合計5135件のアクセスを記録。スマートフォンをかざすと岡本太郎との2ショット写真が撮れる同美術館のスポットでは、最多の2329件だった。同課は「商店街を含め、地区一帯に足を運んでもらえるようにARの内容を充実させたい」としている。

 事業の一つ、10回目の節目を迎える「たま音楽祭」は、例年の1日開催から来年2月6日と7日の2日間に。2日目を記念の音楽祭とし、地元ゆかりのアーティスト招待を検討する方針だ。

多摩区版のトップニュース最新6

レジ袋削減 3.7万枚に

商店会エコポイント

レジ袋削減 3.7万枚に 社会

「まち協」終了も、継続へ

3月27日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 経済

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

静かに祈り、支え

震災9年

静かに祈り、支え 社会

多摩区で続く「3.11」

3月20日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

動画編集にAI活用

富士通

動画編集にAI活用 経済

市と連携 生田緑地で実験

3月13日号

親の会10団体で新組織

不登校・ひきこもり

親の会10団体で新組織 社会

冊子発行、「語る場」提供へ

3月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク