多摩区版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

市政報告 地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを 日本共産党 川崎市議会議員 井口まみ

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena

 今、地球温暖化対策はまったなしです。川崎市は重工業地帯をかかえ、温室効果ガス排出量も少なくありません。私は、長く環境委員会に所属しているので、川崎市こそ地球温暖化対策を率先して行うべきと求めてきました。市長も先日の施政方針の説明で「2050年の脱炭素社会の実現に向けて取り組んでいく」と述べました。

 しかし残念ながら、具体的な取り組みは、庁舎内の照明をLED化するなど、ほんのわずかで、環境エネルギー施策は昨年度予算よりも20%減など、減額されている予算もあるのです。そもそも削減量の計算方法が、2016年度までは「CO2を削減するような川崎市発の製品や技術が市外で使用されればその分を削減に加える」という「川崎モデル」でした。

 実際には2017年度までに18・6%までしか削減していないのですが、「川崎モデル」で計算すると30・4%と目標を達成してしまうのです。これではまともに削減しようという施策にはなりません。川崎市からの排出量を実質で目標通り削減するための努力を、これまでの反省に立って抜本的に強化するべきです。

臨海部 CO2削減へ

 太陽光パネルへの補助金を増やすなど市民ができる温暖化対策への支援を増やすことは必要です。しかしなんといっても、川崎市域で発生しているCO2の77%は産業系の事業所からなのです。臨海部には4か所も化石燃料を使用する発電所があり、この排出量が大量です。この臨海部での削減を重要な課題として強力に指導するべきです。それが川崎市としての大きな貢献ではないでしょうか。

井口まみ

川崎市多摩区菅馬場1-23-25

TEL:044-949-6675
FAX:044-949-6675

http://www.iguchi-mami.jp/

ガス会社切替の悪質勧誘増加中!

おかしいな、と思ったら☎0120‐244‐566(県LPガスお客様相談所)へ

https://www.kanagawalpg.or.jp/

<PR>

多摩区版の意見広告・議会報告最新6

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

市政報告

三沢川周辺の浸水対策、示された取り組みと残された課題

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

5月1日号

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

市政報告

新型コロナの影響を鑑み、市内中小企業への融資支援拡大

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月20日号

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

市政報告

十分な市民合意を得るには危機管理の組織強化必須

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月13日号

新型コロナウイルス対策を万全に!

市政報告

新型コロナウイルス対策を万全に!

みらい川崎市議会議員団 露木 明美

3月6日号

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

市政報告

大型台風・新型コロナ蔓延で見えた市の危機管理の補強の必要性

川崎市議会議員 上原まさひろ

3月6日号

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

市政報告

地球温暖化対策に川崎市が率先して取り組みを

日本共産党 川崎市議会議員 井口まみ

3月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

  • 5月15日7:33更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク