多摩区版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

「向ヶ丘遊園の緑を守り、市民いこいの場を求める会」の事務局長を務める 松岡 嘉代子さん 東生田在住 72歳

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena

共に育む「遊園」愛

 ○…向ヶ丘遊園の閉園を知った2001年秋、「黙って見過ごしたら一生後悔する」と決意。友人らに声をかけ、閉園直前の翌年2月に通称「向ヶ丘遊園の会」を結成し、事務局長として活動を18年間続けてきた。「愛着あるこの土地を、少しでもいいものにしたい」。その一心で、小田急電鉄が手がける跡地利用計画に寄り添い、署名運動や勉強会、全国各地の施設視察に奔走。小田急、川崎市と協力し、憩いの場づくりを進める。

 ○…計画地の南西、生田緑地ばら苑に隣接する東生田で生まれ育った。

物心ついたころから「生活に密着した施設」。家族三世代で遊園を訪れ、花見や散策を楽しむのが習慣に。プールがなかった市立向丘小学校時代は、遊園に通い水泳授業を受けた。大学進学を機に京都で20年間暮らし、結婚と出産を経て地元に帰ってきた。「緑と畑がなくなって住宅が増えていたけど、生田緑地と遊園が残ってたのはうれしかった」と振り返る。

 ○…市民運動もパソコン操作も未経験の中、共同代表の薬袋奈美子さんらの助力で事務局を運営。跡地保全の署名運動は、1年で約5万5千筆を集めて市に提出した。小田急担当者も、嫌な顔せず面会に応じてくれたという。「活動目的は反対運動ではなく合意形成運動。一緒に考え、どうやっていい場所をつくるか」。40人ほどで始動した会員も、ばら苑を市が購入するなど活動がピークの04年には800人規模に。賛同団体は40から110まで伸ばした。

 ○…会の活動は「皆さんの厚い支援のおかげで成果も出て、楽しかった」。4年後を予定している新施設完成に思いをはせ、「素敵なカフェでコーヒーを飲んで、キャンプして夜は星空を眺めたり。孫と温泉に入りたい」。夢を膨らませる。

多摩区版の人物風土記最新6

鈴木 忠人さん

多摩区歯科医師会の会長として、地域医療連携に力を注ぐ

鈴木 忠人さん

南生田在住 65歳

10月22日号

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

書家で、元号「令和」発表時に墨書を揮毫(きごう)した

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

南生田在住 65歳

10月15日号

三平 雅美さん

区役所通り登栄会商店街振興組合の理事長で、登戸のまち活性化に努める

三平 雅美さん

登戸在住 58歳

10月1日号

星川 光明さん

多摩区暴力団等排除協議会の会長を務めて12年目になる

星川 光明さん

菅北浦在住 61歳

9月24日号

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

西生田在住 47歳

9月17日号

岸 忠宏さん

多摩区医師会の会長に就き、3年目を迎えた

岸 忠宏さん

栗谷在住 62歳

9月10日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook