多摩区版 掲載号:2020年5月15日号 エリアトップへ

多摩区2団体 緑の保全で大臣表彰 三田第2公園と生田緑地内

社会

掲載号:2020年5月15日号

  • LINE
  • hatena
三田第2公園(上)と生田緑地の活動=各団体提供
三田第2公園(上)と生田緑地の活動=各団体提供

 「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰の受賞団体が今月発表され、多摩区から「三田第2公園管理運営協議会」「生田緑地の雑木林を育てる会」の2団体が受賞した。

 この表彰は、花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間団体を対象に、緑化推進活動の模範として贈られるもの。31回目の今年は全国115団体が受賞し、県内では10団体、市内は多摩区の2団体のみが選ばれた。

自治会母体に50年

 「まむし公園」の名で親しまれる三田第2公園は、樹林地と段状の広場がある約9千平方メートルの街区公園。三田台自治会が主体で、除草や清掃、樹木の下枝落とし、施設点検など維持・管理を約50年続けてきた。多摩区との連携で進行する3カ年の改修計画は、来年春に完工予定だ。

 2017年には従来の公園緑地愛護会から「管理運営協議会」に組織を変更。公園の利用調整を担い、お祭りや親子対象のプレーパーク開催に協力するなど、ふれあいの場づくりに貢献してきた。今後の課題として、竹やぶの竹林化にも力を入れる。同協議会会長の山吉新一さんは「住民、行政と一体で意見を出し合って公園を整備し、豊かな緑を守ってきた。自然体で代々受け継がれてきた活動を、これからも続けていくのが使命」と胸中を語った。

雑木林、四季守る

 市民有志により「雑木林の保全整備を目的とする住民ボランティア活動をする会」が1997年春に結成され、同年秋に「雑木林を育てる会」として再始動。23年にわたり、生田緑地内の雑木林の下草刈り、植栽の剪定、植林など、年間を通して緑豊かな環境を守り続けている。

 現在は会員25人。毎月第2・第4日曜日の月2回、朝から作業に勤しむ。会のフェイスブックページでは、活動や四季の草花の様子を積極的に発信。今月10日には、アジサイ山で害虫駆除をした様子を投稿した。

 雑木林の再生活動を通じて、会員同士や緑地内の他団体らと交流を深める同会。代表の白澤光代さんは「メンバーは皆、体を動かすのが好き。作業をすることで景観がきれいになり、やった成果が見えるのが楽しみ」とやりがいを語った。

多摩区版のトップニュース最新6

「よむよんで」一話ずつ

【Web限定記事】

「よむよんで」一話ずつ 教育

多摩区在住・はらさん 児童文学をウェブ公開

5月22日号

待機児童12人、多摩区ゼロ

【Web限定記事】川崎市

待機児童12人、多摩区ゼロ 社会

未就学児減少も申請増加

5月22日号

緑の保全で大臣表彰

多摩区2団体

緑の保全で大臣表彰 社会

三田第2公園と生田緑地内

5月15日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

「不安・危険」4割、対策へ

川崎市外国人意識調査

「不安・危険」4割、対策へ 社会

【Web限定記事】国籍や治安で実感、増加

5月8日号

「地元の味、守りたい」

有志・商店会

「地元の味、守りたい」 社会

区内飲食店 応援進む

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月19日19:24更新

  • 5月15日7:33更新

  • 5月9日8:03更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク