多摩区版 掲載号:2020年5月29日号 エリアトップへ

市内医師へ「癒し届け」 長谷川稔氏 チーズケーキ500個寄贈

社会

掲載号:2020年5月29日号

  • LINE
  • hatena
寄贈されたチーズケーキ       =KAORU提供
寄贈されたチーズケーキ     =KAORU提供

 新型コロナウイルスへの対応に追われる医療従事者に思いを寄せ、(株)KAORU(東京都)代表でシェフの長谷川稔さんが、自社のチーズケーキ500個を川崎市内の医療機関に寄贈。市医師会(岡野敏明会長)の段取りのもと、5月28日から順次、現場の医師や看護師らに届けられている。

◇◇

 自身の名を冠にしたレストラン「長谷川稔」をはじめ、都内で複数の店舗を経営する長谷川さん。長谷川さんと、同社を管轄するオーナーの佐藤悠大さんは、交流のあった川崎市医師会の医師・岡村弘次郎さんに「命懸けで医療従事されている方々に何かできないか」と相談。保存ができ、医療業務の合間に手軽に食べられるものとして、冷凍で配送できるチーズケーキを選んだ。「僕たちの最大の強みである美味しいもの。遠くにいても楽しんでもらえる。それがチーズケーキだった」。市医師会が配送先を20カ所ほど提案し、長谷川さんら2人の思いが実現した。

 岡村さんは「医療現場で働いている人たちの励みになれば、本当にありがたいこと。長谷川さんと佐藤さんのお気持ちと、手配してくれた(市医師会長の)岡野先生に感謝したい」と話した。

川崎市に強い縁

 同社の営業などを担当する責任者の保木本研太さんは中原区に4年住んでいたことがあり、友人も多い。定期的に足を運ぶなど「第二の故郷のように思っている」と、川崎市に強い縁を感じている。保木本さんは「昼夜を問わず医療にあたり、肉体的にも精神的にも極度のストレス状態にある医師や看護師の方々に、少しでも癒しの時間を提供したい」と語る。

 寄贈されたのは「長谷川稔」監修による「チーズケーキホリック」の商品(https://cheesecake-holic.com/)。

多摩区版のトップニュース最新6

「まちのひろば」見本示す

多摩SDC

「まちのひろば」見本示す 社会

子ども食堂や音楽ライブ

7月10日号

生田東高 2人が受賞

万引き防止ピクトグラム

生田東高 2人が受賞 教育

県警ら初のコンテスト

7月10日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

生田緑地 区域変更へ

遊園跡地都市計画

生田緑地 区域変更へ 経済

説明会に50人超、意見交換

7月3日号

レジ袋有料化で転機

商店会エコポイント

レジ袋有料化で転機 経済

新たに「SDGs」啓発へ

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立を

熱中症・コロナ 対策両立を 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク