多摩区版 掲載号:2020年7月3日号 エリアトップへ

川崎市寺子屋 実施校 目標の3分の1 計画7年目、新設進まず

教育

掲載号:2020年7月3日号

  • LINE
  • hatena
寺子屋に参加する中学生=先月26日、登戸
寺子屋に参加する中学生=先月26日、登戸

 川崎市が市立小中学校165校での開設を目指してきた放課後学習支援「地域の寺子屋」が、事業7年目で56校にとどまっている。市は今年度計画に新設33校を掲げるが、先月までに1校のみ。運営団体の発掘に力を入れるも、達成のめどは立っていない。

 NPOや市民団体が市の委託を受け、子どもの学習や体験の場を提供し、支える同事業。原則として学校単位で開設され、小学校は校内施設、中学校は町内会館などでも運営されている。

 2014年度の事業開始以来、市は21年度までの完了に向けて市立小中学校で開設を進めてきたが、小学校は114校中51校、中学校は51校中5校にとどまる。市教育委員会の担当者は「運営してくれる人たちがいて初めて成り立つ事業。保護者やPTA、住民ら数人の実行委員会で運営するケースもある。広報を強化し、担い手の候補者を少しでも確保したい」と力を込める。

 市内で唯一、中学校2校(枡形中・稲田中)で合同開設する「まなてら運営委員会」は委員4人のほか、講師の社会人や大学生ら十数人が従事。委員長の池上紅実さん(48)は「学校との情報交換や連携がスムーズだと運営しやすい」とし、「塾と併用する生徒もいる。子どもの学ぶ環境の選択肢を広げる意味で、寺子屋が担う役割は大きい」と手応えを話す。

調整中は10校未満

 昨年度の新設実績は小学校での8校。事業推進のため、市は前年比約1千万円増の9千万円近くを今年度予算に計上した。年度内に33校の新設を目指すが、先月開始した稲田中学校のみで、調整中の学校は10校に満たないという。

 講師育成の施策として行う養成講座は今年度、1回4講座で9回にわたり計画。今春は新型コロナウイルスの影響で2回分が中止になったが、先月から再開している。

 今年度の既存の寺子屋運営は休校措置の影響で、中学校は先月中旬から順次再開。小学校では運営側との調整が進められ、今月から9月ごろに再開していく見通しだ。

 今年度新設の東生田小の寺子屋は、保護者の要望を受けて実現。2月にお試し教室を開いたが、コロナのため4月開講が延期に。9月の本格始動に向け、運営する実行委員会は「子どもたちが明るい笑顔で学び、親も安心して預けられる寺子屋を目指す」と意気込む。稲田小の寺子屋を運営する実行委員会は「3密にならないようクラスを分けるなど、工夫が必要」と対策を検討する。

育児・家事の両立OK!

第一生命 南多摩営業オフィス(☎050-3782-2906 担当:石山)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】9/21(月)16時~予定!中野島エリア(本店他)駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

アシストパスで新基金

バスケB1川崎

アシストパスで新基金 スポーツ

今季、次世代の競技振興に

9月17日号

光と泡、川崎に活力を

照明家×シャボン玉

光と泡、川崎に活力を 社会

市内在住の2人がコラボ

9月17日号

伊佐選手 中野島に感謝

川崎新田ジム

伊佐選手 中野島に感謝 スポーツ

新・日本ユース王者 地元凱旋

9月10日号

みどり愛護で大臣表彰

多摩区3団体

みどり愛護で大臣表彰 社会

日向山と長沢、根岸古墳

9月10日号

きょう、開館10周年

藤子ミュージアム

きょう、開館10周年 文化

登戸駅装飾など 魅力発信

9月3日号

シャボン玉と残す風景

登戸まちなか遊縁地

シャボン玉と残す風景 社会

有志ら 空き地で撮影会

9月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook