多摩区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

市防犯協会 「健全育成」に感謝状 生田地区と菅町会へ

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を手にする横山会長
感謝状を手にする横山会長

 川崎市防犯協会連合会(笠原勝利会長)はこのほど、犯罪の防止や青少年の健全育成に貢献する防犯功労者を表彰。多摩区内では、生田地区青少年指導員会(横山輝行会長)と、菅町会補導委員会(幅崎唯之委員長)の2団体に感謝状が贈られた。多摩防犯協会の末吉一夫会長は「いろいろな形で防犯に対する力添えをしていただき、多摩区の安全が守られている」と敬意を表す。

 生田地区青少年指導員会には32人が所属。班ごとに通学路や公園、暗がりなど、コースを決めてパトロールを行う。昨年度は登戸新町の事件をきっかけに、区全体で見回り回数が増加。一方、今年度は新型コロナウイルスの影響で活動が休止していたが、今月からパトロールを再開し始めている。

 子どもの健全育成として、小中学生が参加するミュージックフェスタや、スポーツ活動振興会と連携した活動にも尽力。今年は軒並み中止だが、横山会長は「子どもたちと接する機会は大切。パトロール時にのぼり旗を使うなど、もっと認知度を上げていけたら」と思いを話す。

 菅町会の補導委員会は70代を中心に9人で活動。3班に分かれ、月1回のパトロールを続けるほか、町内の催しでも見回りを行う。委員の西村勇さんをはじめ、メンバーの多くは町会の防犯部を経験。副委員長の野口孝雄さんは「小学校の緑のおじさん(スクールガード)としても活動している」と、多角的に子どもたちを見守る。

 元々は中高生の補導を目的とする同委員会だが、非行が減ったことで役割も変わってきている。幅崎委員長は「菅のまちは事件が少ないが、今後もさらにパトロールを充実させていきたい」と先を見据える。

(左から)野口さん、幅崎委員長、西村さん
(左から)野口さん、幅崎委員長、西村さん

多摩区版のローカルニュース最新6

「食品備蓄」 大切さ発信

食育月間

「食品備蓄」 大切さ発信 教育

区展示 分科会がレシピ協力

6月18日号

日本代表に川崎3選手

駅スタンプを一新

駅スタンプを一新 文化

 小田急 全70駅で今月から

6月18日号

マスクケースを制作

マスクケースを制作 文化

川崎競馬場×studio FLAT

6月18日号

生きづらさ声に出して

生きづらさ声に出して 社会

若者 座談会

6月18日号

環境守るポスター

環境守るポスター 社会

科学館展示

6月18日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月14(月)16:00開放予定!各店でコロナ感染予防対策中

http://www.prime777.co.jp/

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter