多摩区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

「多摩川梨」 医療従事者へ JAと市、多摩病院を応援

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 大切に育てた農産物で、医療従事者にエールを--。セレサ川崎農業協同組合(JA・原修一組合長)と川崎市は8月18日、宿河原の市立多摩病院(長島悟郎病院長)に多摩川梨295個とブドウ18房を寄贈=写真。生産者たちの思いが込められた果物を届けた。

 寄贈されたナシとブドウは、前日17日の品評会に出品されたもの。毎年行われている一般向け即売会が、新型コロナウイルスの影響で開催中止に。ナシの生産が市内で最も盛んな多摩区の中で、医療機関に旬の果物を届けることになった。

 「過酷な環境の中で頑張っている皆さんに、市内のおいしい果物で元気になってもらいたい」と原組合長。ナシを受け取った長島病院長は「こうした形でご支援をいただき、大変励みになる」と感謝を表した。

 今回の品評会にはナシ69点(1点5個)とブドウ6点(1点3房)が出品され、神奈川県と市、JAセレサ川崎の代表者が形や色、糖度を審査。ナシは白井正寿さん(50)=菅稲田堤=の「幸水」が最優秀の県知事賞、ブドウは田代博資さん(62)=菅=の「藤稔(ふじみのり)」が市農業委員会会長賞に選ばれた。

 コロナ禍を踏まえ、品評会開催についてJA・果樹部の本部役員の間で協議。「生産者の努力を見てもらおう」と実施が決まった。役員を務める白井さんは「昨年の台風19号や暖冬、3月の大雪、夏の長雨など打撃は大きいが、頑張っている農家の方がたくさんいる」と話す。

 今春の積雪のとき、白井さんのナシ農園では雹(ひょう)害対策で例年張っている多目的防災網のおかげで花は守られたが、網の支柱が曲がるなど損害を受けた。7月は日照不足にも悩まされたが「お客さんの『おいしかった』という声が励みになる」と胸中を明かす。「私たちが気持ちを込めて作ったナシやブドウが、少しでも活力になれば」と多摩病院に思いを寄せた。

 田代さんは「重点的に手をかけてきた黒ブドウで受賞できたのはうれしい。コロナで大変なときだからこそ、少しでも病院の方たちの力になれれば」と笑顔を見せた。

 31日は豊水を中心に後期の品評会(一般観覧・即売会なし)を行い、医療従事者に寄贈予定だ。
 

多摩区版のトップニュース最新6

ボール遊び 研修動画に

市保育会

ボール遊び 研修動画に 教育

バスケB1川崎とコラボ

6月18日号

成田さん 6大会目へ

パラ競泳金メダリスト

成田さん 6大会目へ スポーツ

多摩区から日本代表内定

6月18日号

規模抑え、静かに開催へ

あじさいまつり

規模抑え、静かに開催へ 社会

2年ぶり 妙楽寺で20日

6月11日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

花々の成長、仲間と支え

星ヶ丘広場美化の会

花々の成長、仲間と支え コミュニティ社会

「名物おじいちゃん」の思い

6月4日号

球技専用スタジアムに

等々力陸上競技場

球技専用スタジアムに スポーツ

陸上は補助競技場改修へ

6月4日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月14(月)16:00開放予定!各店でコロナ感染予防対策中

http://www.prime777.co.jp/

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter