多摩区版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 熱中症搬送、半数が高齢者 市消防局「エアコン使って」

社会

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena

 全国で猛暑が続く中、川崎市内では5月1日から8月23日までの間に312人が熱中症で救急搬送された(速報値)。うち65歳から74歳までは44人、75歳以上は125人。65歳以上の高齢者が54・2%で過半数を占めている。多摩区内の搬送人数は43人だった。

 搬送数は昨年に比べて抑えられているというが、市消防局の職員は「今年は梅雨が長く気温の低い日が続いた。8月から急に暑くなったため、体が順応できず体調を崩す危険が高い」と危惧する。

 症状の度合いをみると、応急処置で対応できる軽症者が185人、病院への搬送を要する中等症者が120人、入院や集中治療の必要がある重傷者が7人で、死亡者はゼロ。重症者のほとんどが50歳以上で、高齢者は自覚がないまま熱中症になる危険があり、若者に比べて重症化しやすいという。

 時間帯別では午前11時台が最も多く34人、次いで午後1時台が32人、午後2時台が31人と日中に多い。場所別では屋外が192人、屋内が112人。同局職員は「高齢者は特に、エアコンが苦手な人が多い。しかし、室内での熱中症も多く発生している」とし、室温が28度を超えないようにエアコンを活用することを推奨する。

 市は熱中症予防策として、こまめな水分補給やゆったりとした服装、日傘や帽子の利用を挙げ、「倦怠感が強く動けないときや意識がはっきりしないときは、ためらわず救急車を呼んでほしい」と呼びかける。

多摩区版のローカルニュース最新6

「食品備蓄」 大切さ発信

食育月間

「食品備蓄」 大切さ発信 教育

区展示 分科会がレシピ協力

6月18日号

日本代表に川崎3選手

駅スタンプを一新

駅スタンプを一新 文化

 小田急 全70駅で今月から

6月18日号

マスクケースを制作

マスクケースを制作 文化

川崎競馬場×studio FLAT

6月18日号

生きづらさ声に出して

生きづらさ声に出して 社会

若者 座談会

6月18日号

環境守るポスター

環境守るポスター 社会

科学館展示

6月18日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】6月14(月)16:00開放予定!各店でコロナ感染予防対策中

http://www.prime777.co.jp/

6月末まで謝恩キャンペーン中!

時計バンドが30%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 6月4日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter