多摩区版 掲載号:2020年9月4日号 エリアトップへ

区内避難所 体制整え、リスク減へ 昨年台風とコロナ念頭に

社会

掲載号:2020年9月4日号

  • LINE
  • hatena
中野島小での訓練=区提供
中野島小での訓練=区提供

 大規模な自然災害に備え、多摩区は感染症対策を考慮した避難所運営の体制づくりを進めている。令和元年東日本台風の検証を踏まえた風水害時のマニュアルとあわせて、感染リスクを軽減する新たな避難の形を示す。

 川崎市は7月、コロナ禍の避難所開設・運営についてまとめた手順を公表。3密回避や手指衛生の徹底といった基本的な感染対策のほか、事前準備や注意点、避難者への対応を明示した。

 多摩区では職員向けに、避難所の受付業務に関する研修を実施。テレビ会議なども活用し、周知に取り組んできた。8月4日には、中野島小学校を会場に訓練を行い、職員の動きを実践。避難者を「要配慮者」「健康観察者」などの4つのグループに分け、誘導方法を確認した。避難者の立場で参加した中野島小避難所運営会議の千葉伸委員長は「コロナの正しい知識を身に付け、避難所の仕組みを考えていきたい」と気を引き締める。

 8月7日には、区内21校の指定避難所合同会議も開催。代表者が集い、改訂版のマニュアルやコロナ対応を中心に情報共有した。区自主防災組織連絡協議会の濃沼健夫会長は「多摩区のマニュアルは住民が自主的に動こうという方向。そういう意識を持ち続け、行動することが大切」と話す。

 このほか、区は8月21日から、感染対策に必要な物品を各校の防災備蓄倉庫に順次配置。マスクやフェースガード、消毒液などで、9月中には設置完了予定という。

各自「行動計画」を

 東日本台風では、区内18カ所の避難所に8千人超が殺到。感染リスクを考えると、3密回避に課題が残る。区危機管理担当は「避難は『難』を『避』けるもの。自宅が安全であれば避難所に行く必要はない」とし、高所階への垂直避難や知人宅への分散避難など、検討を呼びかける。

 区は、各自が風水害に備えて数日前からの動きを考える「マイタイムライン」(避難行動計画)の作成についても啓発。担当者は「台風が発生したらどうするか、常日頃から家族で話し合ってほしい」と話している。

「バンバンなら私もいける!」

9/23(水)新台入替!新型コロナ対策・適切な取り組みを徹底中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

800年 思い途絶えず

菅獅子舞保存会

800年 思い途絶えず 文化

開催中止も、西菅小に伝授

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 スポーツ

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

子ども向けに動画制作

ワガママSUNバンド

子ども向けに動画制作 教育

市制定「権利の日」理解を

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

体制整え、リスク減へ

区内避難所

体制整え、リスク減へ 社会

昨年台風とコロナ念頭に

9月4日号

浸水対策 移転も視野

川崎市市民ミュージアム

浸水対策 移転も視野 社会

低地盤、収蔵庫上階は困難

9月4日号

令和2年国勢調査を実施します!

日本に住んでいるすべての人が対象です。インターネットでの回答が便利です。

https://www.kokusei2020.go.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月18日号

お問い合わせ

外部リンク