多摩区版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

栗谷町会 多彩な47点 思い集まる 須賀神社沿いで作品展

コミュニティ文化

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena
設置を終えた町会役員ら(上)、子どもたちによる絵画などの展示作品=19日
設置を終えた町会役員ら(上)、子どもたちによる絵画などの展示作品=19日

 コロナ禍で各地の町内会関連の催しも中止が続く中、栗谷町会(伊藤重子会長)が作品展を企画。「くりやの杜の小さな作品展」と題し、須賀神社境内(栗谷3の18の5)のフェンスに10月4日(日)まで展示している。

 栗谷町会では今春以降、盆踊りや運動会が中止に。伊藤会長は代わりに何かできないかと考え、初開催の作品展を発案。役員らも賛同し、会員や町内の子どもたちに向けて作品を募った。

密避け、屋外に

 9月10日までの募集で集まった作品は、絵画や書道、俳句、写真など47点。草花を描いたものから、新型コロナの収束を願うものまで、多彩な作品が寄せられた。密を避けるため屋外での展示とし、雨風対策で一点ずつラミネート加工。9月19日、役員らが同神社の東側のフェンスに取り付け、安全のため周囲にはカラーコーンが設置された。

 自らも水墨画と書道を出展した伊藤会長は、「皆さんの協力で形になり本当によかった。通りがけに見てもらって、明るい気持ちになってもらえたら」と思いを話す。中村龍一郎副会長は「初めての作品展だが、これをきっかけにまた企画してみてもいいのでは」と期待を込めた。

 同町会では8月、夏の催しがなくなった子どもたちのために、カブトムシの幼虫のプレゼントも実施。来月24日には、同地区のこども文化センターが主催するハロウィーンイベントにも例年どおり協力予定だ。
 

多摩区版のローカルニュース最新6

今の状況は?できる対策は?

新型コロナウイルス

今の状況は?できる対策は? 社会

10月30日号

交通課題 川崎Fと協議

生田山の手自治会

交通課題 川崎Fと協議 社会

10月30日号

防犯功労に感謝込め

防犯功労に感謝込め 社会

「つどい」中止、区内で贈呈

10月30日号

多摩病院へ招待券

よみうりランド

多摩病院へ招待券 社会

イルミ点灯式で

10月30日号

インフルエンザ予防接種に公費

床もみじ、GoToで

床もみじ、GoToで 社会

「半額バスツアー」読者に贈呈

10月30日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク