多摩区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

市内青少年グループ 取材・執筆し新聞創刊 「子どものまち」活動PRへ

教育

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
完成した新聞を手に、笑顔をみせるミニカワサキのメンバー
完成した新聞を手に、笑顔をみせるミニカワサキのメンバー

 18歳以下のメンバーが中心になり、市内で活動する市民団体「ミニカワサキ」が、「ミニカワしんぶん!」を創刊した。恒例の活動発表イベントがコロナ禍で中止になり、独自に企画。成果を知ってもらおうと、取材から記事作成まで子どもたちが手がける。

 2018年に発足したミニカワサキは毎春、市内の有志がメンバー入りし、大人メンバーの支援のもと1年周期で活動する。子どものための仮想のまちづくりに挑戦し、独自の通貨や選挙、消費を通して社会の仕組みを学ぶプログラムだ。自分たちで考えた「こどものまち」を発表するイベントを毎年企画している。

 今年のメンバーは市内の小学生18人。新型コロナの影響でイベントの会場開催が中止になったため、代替案として新聞発行を考案した。奥薗結子さん(新城小5年)、鹿野琴音さん(今井小5年)、鄧(とう)雅琦(あき)さん(久本小6年)、三田光莉さん(梶ヶ谷小5年)が中心で、7月から作成。創刊号は朝日新聞の記者に新聞づくりのコツを取材した記事と、ミニカワサキの名前の由来を紹介する4コマ漫画を掲載し、8月に発行した。

 作文が好きだという奥薗さんは「伝えたいことをちょうどいい長さの文章にまとめるのが大変だった」と振り返る。鄧さんは「文章を書くのは難しかったけど達成感がある」と笑顔に。漫画を担当した鹿野さんは「分かりやすく伝わるようにキャラクターを考えて登場させた」と手応えを話す。今後も奥薗さんと鄧さんが記事を、鹿野さんと三田さんが交互に漫画を担当する。4人は「ミニカワサキのことを知ってもらい、一緒に活動する仲間を増やしたい」と意気込む。

 新聞は2号まで完成。市内の小学校で掲示するほか、図書館やこども文化センターなどで配布する。3号以降は、月1回をめどに発行予定だ。
 

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク