多摩区版 掲載号:2020年10月16日号 エリアトップへ

西生田4丁目 緑地保全へ運動続く 今月、歩く会に20人超

社会

掲載号:2020年10月16日号

  • LINE
  • hatena
10月4日に行われた「西生田緑地を歩く会」=江田さん提供
10月4日に行われた「西生田緑地を歩く会」=江田さん提供

 マンション建設が計画されている西生田4丁目の緑地を守ろうと、地元住民らによる現地を歩く会が10月4日に行われた。区内緑地の保全団体などでつくる「多摩丘陵緑地保全ネットワーク」が主催し、二十数人が参加。参加者は今後も川崎市と協力しながら、事業者への交渉を進めていきたいとしている。

 この緑地は西生田4丁目の窪地にある約2千平方メートルの樹林地。ケヤキやミズキなど落葉高木をはじめ野鳥が生息する自然の林として、地元住民に親しまれている。

 今回の「歩く会」は今年4月に開催予定だったが、コロナ禍で今月に延期。現地を歩いた同ネットワークのメンバーで、西生田4丁目に住む江田雅子さんは「コロナで活動が停滞していたが、ようやく実現できた。子どもたちが自由に遊べる、自然とふれあいながら楽しさや魅力を体感できる場所になれば」と願いを込める。

 土地を保有する事業主の山田建設(株)(大田区)は、2006年にマンション建設計画を発表。以来、住民らによる緑地保全を訴える運動や市議会への陳情が行われている。当初計画は変更と中断が繰り返され、現時点で未着工のままだ。

評価Aに見直し

 川崎市は2002年、市内の1千平方メートル以上の緑地全てを保全配慮地区として調査。景観などで加点し、優先順にA、B、Cの評価判定をした。市内の対象地区について、市建設緑政局は保全協力を地権者に随時呼びかけている。

 西生田4丁目の緑地はBだったが、市民側の申し出を受け、5年に一度の評価見直しにより昨年度、Aに変更。今年1月には、地元住民グループ「多摩区西生田住環境を守る会」が保全を求める1321筆の署名を集め、同社へ提出した。西生田の緑地について市は今年度、同社に対し保全に関する制度の説明を再度実施したという。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク