多摩区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

今春から「ばら苑ボランティア会」の会長を務める 前島 誠一さん 宮前区在住 69歳

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

学びと共に 日々育む

 ○…生田緑地ばら苑でバラの育成管理を担うボランティアが組織化して4年目。150人以上が活動する中、今春から会長を引き継いだ。運営メンバーと共に市や同苑と連携をとる。春の開苑期はコロナ禍で約2カ月の活動休止。「丹精込めて育てたバラ。きれいに咲いていてもったいなかった」。例年は秋に向けて栄養を蓄えさせるため花を切るが、今年はいくつか花を残し「エンドレス剪定」に挑戦。開苑中の今、経過を見守る。

 ○…15年前、自宅でバラを育て始めた。知識を深めようと、8年ほど前に同苑で活動開始。「ボランティアも職員もベテランがいた。自分たちでしっかりと責任を持ってバラを扱う指導ができているのがここの良いところ」。学びを深め、広い庭がある家に移って6年。2人の孫も一緒に住む自宅で、数十本のバラを育てる。さらに、近所の公園でもバラの花壇を担当。「庭では水耕栽培を最近始めた。2年後にみんなに見せる予定」と表情を緩める。

 ○…埼玉県の農村に生まれ、自然の中で育った。理系大学を経て、川崎市立中学の理科の教師に。「高校教師を目指していたので化学が専門。そこから生物の勉強を始めた」。海水の水槽を設置したり、近隣農家に教わって野菜を育てたり、「時代ごとにいろんな子がいて楽しかった」と懐かしむ。実は、ばら苑園長は、初めて担任した生田中での「最初の教え子」。縁がつながる。

 ○…ここ数年、ボランティアは新しい会員が急増。「皆さん熱心。人が入れ替わり、過渡期にある」。向ヶ丘遊園跡地の開発の進行とともに、ばら苑の今後を考えるプロジェクトにも参加する。「自然の地形を生かしたばら苑。入ってきたときの一望できる景色が好き」と、未来を思う。
 

「バンバンなら私もいける!」

【本店】空調設備を一新!5/17(月)9:10オープン予定!各店で感染対策中

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

吉田 祐記さん

多摩川流域で研究する(一財)エコロジカル・デモクラシー財団の事務局を担う

吉田 祐記さん

堰在住 36歳

5月14日号

古川 由美子さん

東京五輪の聖火リレーで民間枠のランナーとして6月に大磯町を走る

古川 由美子さん

県立多摩高校出身 56歳

5月7日号

高橋 英司さん

小田急線の登戸―百合ヶ丘間(5駅)を管轄する登戸駅長に、今月就任した

高橋 英司さん

登戸在勤 51歳

4月30日号

伊藤 直人さん

多摩区ソーシャルデザインセンター(SDC)で今春から学生代表を務める

伊藤 直人さん

麻生区在住 20歳

4月23日号

信澤 公昭(たかあき)さん

第41代の多摩警察署長に先月就任した

信澤 公昭(たかあき)さん

多摩区在住 58歳

4月16日号

藤井 智弘さん

23代目の多摩区長に、4月1日付で就任した

藤井 智弘さん

川崎区在住 57歳

4月9日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter