多摩区版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

登戸土地区画整理 3公園の将来像考える 住民ら28人、意見を集約

社会

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena
公園ごとにグループに分かれ、参加者が考えを発言
公園ごとにグループに分かれ、参加者が考えを発言

 川崎市による登戸土地区画整理事業で新たに整備する3カ所の街区公園について、方向性や将来像を話し合う討論会(ワークショップ)が10月17日に行われた。全3回の初回にあたるこの日は、町会役員や住民ら28人が参加。基本計画づくりに向け、今回は公園ごとにキャッチフレーズを導き出した。

 府中街道近くの「1号街区公園」は約950平方メートルから2500平方メートル、登戸駅南側の「3号街区公園」は約300平方メートルから1500平方メートルに拡張整備。現在、登戸区画整理事務所がある区域には、2500平方メートルの「2号街区公園」が新たにつくられる。3公園の開設時期は、事業完了予定と同じ2025年度中を見込んでいる。

 17日は、登戸地区の6町会から各2人、公募15人を含む28人が同事務所に集まった。公園ごとにテーブルを分け、該当区域の現況や位置づけを確認。目指すべき公園のイメージ、導入したい機能や施設についてアイデアを出し合った。

 求める公園のイメージを集約するにあたり、「季節を感じられる」「災害時にも使える」「きれいで使いやすい」など特徴が書かれた10種類以上のカードを使用。一人ずつ複数枚のカードを選んで模造紙に貼り、それぞれ発言していった。

 導き出されたキャッチフレーズは、1号「緑豊かなみんなの公園」、2号「みんなの木陰(地域の特徴を活かした多世代の笑顔あふれる公園)」、3号「登戸の顔となる公園をみんなで育てよう!」。1号に参加した登戸中央町会の佐保田信次会長は「マイナス面の現状が分かってよかった。対策を考えたい」と手応えを話した。

 登戸区画整理事務所の工事担当は、公園づくりの構想について「広場」「緑」「遊具」の3本柱を提示。「管理運営協議会の導入を目指して住民と共に公園を守り、発展させていけたら」と見通しを示す。次回の集会は12月5日、3回目は来年1月23日に開催予定だ。

多摩区版のトップニュース最新6

20年ぶり計画改定へ

小沢城址緑地保全

20年ぶり計画改定へ 社会

「里山の会」意見交わし

11月27日号

区内13カ所に差別落書き

区内13カ所に差別落書き 社会

三田第4公園ベンチなど

11月27日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

20年前と未来、思う

子ども会稲田部会

20年前と未来、思う 教育

70周年でタイムカプセル

11月20日号

にぎわいの3連休へ

向ヶ丘遊園生田緑地

にぎわいの3連休へ コミュニティ社会

2つの催し 地元店一丸で

11月13日号

終電 来春20分繰り上げ

小田急電鉄

終電 来春20分繰り上げ 経済

登戸など区内駅も影響

11月13日号

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月13日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク