多摩区版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

川崎市消防ヘリ 操縦士 昼夜2人体制へ 国基準、段階的に増員

社会

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
市内を飛ぶ消防ヘリ=市提供
市内を飛ぶ消防ヘリ=市提供

 消防ヘリコプターの操縦士2人体制を定めた国の新基準を受け、川崎市は消防航空隊の増員を検討。現状の昼間2人・夜間1人体制から常時2人への移行を目指す。予算確保や必要な訓練など対策を段階的に進めていく。

 消防ヘリは火災への散水や水難救助、救急搬送のほか、災害時の情報収集、警戒パトロールを担う。川崎市消防航空隊は県内の広域応援活動にも従事。定員は操縦士6人と整備士5人、専任航空救助員5人の16人で、昼間と夜間に分かれ24時間体制で勤務する。

 総務省消防庁が昨年示したヘリ運航に関する新基準では、操縦士2人体制のほか、拠点で指揮をとる運航責任者の配置などを定めた。同隊では増員など体制強化を必要としており、特に専門性の高い操縦士の定員については、2人程度増やす必要があるとしている。

 同隊の運営費は、今年度を含む過去5年の平均値による試算で4億1千万円。これをもとに市は、現状3千万円の県補助金を来年度は約9800万円要請している。

22年度から猶予3年間

 操縦士2人体制は22年度施行だが、資格等の面で猶予がある。しかし、25年度以降は事業用操縦士などの基本的な資格に加え、同隊が有するヘリの機種限定免許の取得者が2人で搭乗しなければならない。機種限定免許は訓練に2カ月半ほどかかり、ヘリ2機を有する同隊では操縦士の2人増員につき免許取得に約1億2千万円が必要とされる。森杉一彦隊長は「全国的に操縦士が不足している上、すでに機種限定免許を持っているような人材は集まりにくい」と頭を悩ませる。

 さらに、乗務要件には民間等での機長経歴「1千時間以上」がある。若手操縦士が経験を積める農薬散布などの需要は減少しており、森杉隊長は「乗務要件を満たすには時間がかかるため、ハードルは高い」と指摘。高齢化を背景に、操縦士確保は多くの自治体で課題とされ、若手の養成が求められている。

 同隊は1985年、東京にある公共用ヘリポートに新設。当初は平日昼間のヘリ1機体制だったが94年に2機になった。

多摩区版のトップニュース最新6

生田緑地の新看板制作

向の岡工高生徒8人

生田緑地の新看板制作 社会

北側入り口「長者穴口」に設置

1月22日号

「調布町」の基標 設置

下布田小

「調布町」の基標 設置 教育

小川米夫さんと歴史継承

1月22日号

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク