多摩区版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

小沢城址緑地保全 20年ぶり計画改定へ 「里山の会」意見交わし

社会

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena
ナラ枯れの説明を聞く参加者
ナラ枯れの説明を聞く参加者

 多摩区の北西端、稲城市との市境に位置する「小沢城址特別緑地保全地区」。20年前、市民参画のもと川崎市が策定した「小沢城址の森づくり保全管理計画」の初の改定に向け、保全団体等との意見交換が進んでいる。

 約6・8ヘクタールの丘陵地に森林が広がる小沢城址は1983年、特別緑地保全地区に指定。自然調査や市民との話し合いを経て、2001年に保全管理計画が策定された。計画では人の利用と自然との共生を考慮し、【1】多様な生物が住める【2】人と自然がふれあえる【3】雑木林のサイクルを復活させる――森づくりを提言。同年に市民有志の「小沢城址里山の会」が発足し、植物の管理や遊歩道整備など幅広く活動を続けてきた。

市民と現地確認

 20年間の保全活動を踏まえ、より具体的に計画を見直そうと、今夏から改定に向け始動。9月に専門業者の現地調査が行われた。99年の調査時と同様にコナラを主体とした林が広く分布し、場所により竹林の拡大や抑制があることが分かった。

 市民の声を取り入れるため、市は意見交換の場を企画。11月18日、現地を歩くワークショップが開かれ、里山の会と近隣住民ら15人ほどが参加した。調査結果と照らし合わせつつ、植生保護中の箇所や、被害が拡大する「ナラ枯れ」の状況を確認した。

 山頂広場での意見交換会で、調査担当者は「人の利用が多い場所はおおむねよく管理されている。樹林の若返りのための対策が必要」と説明。参加者からは「最近の雨風で倒木が多く、防災の視点を取り入れたい」「子どもたちが楽しめる工夫を考えたらどうか」などの声があった。

 次回、12月の意見交換で市が計画案を示し、来年2月の完成を目指す。里山の会の島岡功会長=人物風土記で紹介=は「どう再生していくかが問題。生物多様性を考えた計画になることを期待する」と思いを話す。

多摩区版のトップニュース最新6

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

多摩区の声、力に

明治大専修大

多摩区の声、力に スポーツ

箱根駅伝へ 応援263通

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 政治

福田市長、2021年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク