多摩区版 掲載号:2020年12月4日号 エリアトップへ

「分散型」で災害備え 菅町会 訓練に120人

社会

掲載号:2020年12月4日号

  • LINE
  • hatena
校庭に設けられた各ブースに分散
校庭に設けられた各ブースに分散

 菅町会(濃沼健夫会長)の合同防災訓練が11月29日、菅小学校の校庭で開催された。人数制限のもと、町内18地区の自主防災組織の代表者らに加え、消防や警察、区から計120人ほどが参加。感染症対策に考慮した「分散型」の訓練に臨んだ。

 菅町会では2年に一度、多摩川河川敷で千人規模の訓練を行うが、コロナ下で方法を検討。校庭に10カ所ほどのブースを設け、少人数に分かれて視察・体験する形式を試みた。あいさつに立った濃沼会長は「開催するべきか悩んだが昨年の台風で大きな被害があり、またいつ災害が起こるかわからない。今日の結果を各地区に持ち帰って参考にしてほしい」と発信。荻原圭一多摩区長は「感染のリスク回避が大きな課題。実践に即した訓練を体験してもらえたら」と呼びかけた。

 参加者は各団体が用意したブースを回り、簡易トイレの設置や救命ボートの確認、土のう作り、模擬消火訓練などを体験。同校に設置されている避難所備蓄品の確認や、班ごとに電話で災害状況を伝えていく「緊急時伝達訓練」も行われた。菅町会防災部長の臼井敏幸さんは「コロナ下だからこそできた、今までにない新しい訓練。これも一つの経験として、各地区で生かしてほしい」と前向きに語った。

土のう作り訓練をする参加者
土のう作り訓練をする参加者

多摩区版のローカルニュース最新6

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ

【Web限定記事】

川崎市、ワクチン接種訓練実施へ 文化

1月27日 全国自治体で初

1月22日号

生配信、準備進む

たま音楽祭

生配信、準備進む 文化

専大生「若い感覚」で

1月22日号

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み

【Web限定記事】

「フッ化物洗口」市立小へ導入足踏み 教育

市教委、コロナ対応優先で

1月22日号

介護現場に癒し

介護現場に癒し 社会

「シャボン玉オヤジ」が演出

1月22日号

「自宅で確定申告」発信

「自宅で確定申告」発信 社会

新田ジム・黒田選手ら税務署大使に

1月22日号

救急出動 12年ぶり減少

川崎市

救急出動 12年ぶり減少 社会

軽症少なく、遠因にコロナ

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月22日0:00更新

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク