多摩区版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

生田団地・堰 美化功労者に 2団体 清掃や植栽で県表彰

社会

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
【写真左】井上会長(右)と高橋さん、イクター。【写真右】小林会長(右)と荻原区長
【写真左】井上会長(右)と高橋さん、イクター。【写真右】小林会長(右)と荻原区長

 今年度の神奈川県美化運動推進功労者に、多摩区から生田団地自治会(井上佶会長)と堰町会(小林光治会長)が選ばれた。表彰式は感染予防のため中止だったが、荻原圭一区長が12月17日、両者に表彰状を手渡した。

環境保全部が献身

 生田団地自治会では5棟の住民が協力し、敷地内や周辺道路の美化活動を継続。月1回の清掃には、16ある区分けから2人ずつ参加し、花壇の草取りなどに取り組んでいる。このほか、ごみ置き場の整備や自転車置き場の管理など、幅広い活動を担うのが環境保全部。部長の高橋良行さんは「日頃からの意識付けが大切。皆で協力し合って、何年も積み重ねてきたことが表彰につながった」と語る。

 17日は同自治会集会所で表彰式を開き、自治会のシニアクラブなど関係者も参加。生田地区町会連合会のキャラクター「仮面ウォーカーイクター」も駆け付けた。荻原区長は「表彰を契機にますますご活躍を」と激励。井上会長は2年後に建て替え工事が始まることに触れ、「団地ができて50年、住民みんなでやってきた。ここにいる限りきれいな団地をつくっていきたい」と力を込めた。

若い機動力で団結

 昨年度まで2年間、区内の美化モデル地区だった堰町会。毎月第2日曜日には、防犯パトロールと同時にごみ拾いを実施。1〜3丁目が順番に担当し、町内の安全や景観を守っている。ごみ置き場の管理は役員と廃棄物減量指導員が協力して徹底。定期的なごみ箱パトロールや分別の推進、老朽したごみ箱の回収などに取り組んできた。

 コロナ下では役員を中心に少人数での活動が続くが、今月は4カ所ある花壇の植栽も行った。「役員は平均で50代。若く機動力がある」と小林会長。「小さな動きでもこれまでどおり継続し、まちがきれいになれば」と思いを語った。

 県による同表彰は1963年度に始まり、地域における美化活動の業績が顕著な団体、個人に贈られる。今年度は15団体、14人が選ばれた。
 

「バンバンなら私もいける!」

【本店】1月20日リフレッシュオープン/新台入替/各店 駅近・駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

区対抗ボッチャ、熱戦

老人福祉センター

区対抗ボッチャ、熱戦 スポーツ

多摩・麻生 初大会に24人

1月21日号

生田中生が仲間入り

川崎市寺子屋

生田中生が仲間入り 教育

枡形と稲田 3校合同に

1月21日号

生田緑地に看板第2号

向の岡工業高

生田緑地に看板第2号 社会

「戸隠不動口」 3年生が製作

1月14日号

火災8件増で年間42件

多摩区

火災8件増で年間42件 社会

2021年 市内は過去5年最多

1月14日号

登戸・遊園 ARが一新

登戸・遊園 ARが一新 社会

区画整理のスポット追加

1月7日号

「禍」転じ「福」の50周年に

「禍」転じ「福」の50周年に 政治

藤井区長 2022年へ決意語る

1月7日号

新春セール開催中!

「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook