多摩区版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

多摩老人福祉センター ボッチャで心身爽快(そうかい) 初の体験企画に19人

スポーツ

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
摸擬試合で投球する参加者
摸擬試合で投球する参加者

 パラリンピック正式種目で、川崎市が障害者スポーツへの理解と多世代交流を掲げ普及に取り組む「ボッチャ」。市多摩老人福祉センター(中野島)で12月16日、同競技の体験イベントが行われた。同施設として初の企画に男女19人が参加し、親睦を深めた。

 川崎市社会福祉協議会が運営する同センターの発案で、感染症対策のもと開催した「健康フェア」の中で実施。今年度はコロナの影響で主催イベントの中止が続き、「外出機会が減って体がなまりがちな高齢者に、心身ともにリフレッシュしてもらいたかった」と、同センターの河野幸美さん、伊東知之さんは胸中を語る。

無理なく気軽に

 ボッチャは赤と青の2チームに分かれて戦う、カーリングに似た競技。定位置から6球ずつ投げ、白い目標球(ジャックボール)にいかに近づけるかで勝敗や得点が決まる。投げ方は自由で、老若男女で競い合えるのが特徴だ。

 この日は市の市民スポーツ室職員を講師に迎え、座学後に準備体操を実施。縦6・5メートル、横3メートルほどの、通常の半分の広さでコートを2面つくり、参加者全員で投球練習を行い、試合に挑戦した。

 参加した石暮恵子さん(80)=中野島在住=は「足腰が弱くても無理なくでき、長く続けるにはちょうどいい。膝を痛めているけれど、気持ちよく楽しめた」と充実感をにじませた。市担当課長の上野進さんは「ボッチャは室内で普段着のまま、天候に関係なく誰でもできるスポーツ。多くの市民に知ってもらい、多世代交流につなげたい」と展望を話した。

 高津区や宮前区など市内各地で体験イベントが行われているほか、1月23日には第1回「川崎市長杯ボッチャ大会」がカルッツかわさき(川崎区)で開かれる予定だ。
 

試合前に一斉練習も
試合前に一斉練習も

多摩区版のトップニュース最新6

保留児童、市内最多に

多摩区

保留児童、市内最多に 社会

市全体は4年連続減少

5月20日号

隠れた名所や魅力募る

菅町会70周年

隠れた名所や魅力募る 文化

記念誌制作へ、参加型企画

5月20日号

50周年 次代への一歩

多摩区

50周年 次代への一歩 社会

記念式典に200人集結

5月13日号

山ちゃんの魂、脈々と

おさかなポストの会

山ちゃんの魂、脈々と 社会

一周忌 多摩川でお別れ会

5月13日号

区PR動画、協力求む

ワガママSUNバンド

区PR動画、協力求む 文化

50周年企画でクラファン

5月6日号

来春開業、協議重ねて

フロンタウン生田

来春開業、協議重ねて スポーツ

多目的広場 「利用調整会」 発足へ

5月6日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】5月16日9:10オープン ポラリス「Sアイムジャグラー」増台

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook