多摩区版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

たま音楽祭 初のコラボ動画に16組 過去出演者ら90人が参加

文化

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena
楽器を手に語り合う斉藤さん(左)と山川さん
楽器を手に語り合う斉藤さん(左)と山川さん

 市民主体の実行委員会と多摩区が主催し、10回目を迎える2月6日と7日の「たま音楽祭」。初の試みとしてミュージシャン16組、約90人の協力による「オンラインコラボ演奏動画」の制作が進められている。

 コロナ下の新方式として、会場開催に加えてさまざまなオンライン企画に挑戦。その一つがコラボ動画で、過去の出演者を中心に参加を呼びかけて実現した。制作するのは、たま音楽祭のテーマでオリジナル曲の「彩るよあなたの世界」。ボーカルや奏者が各自で担当パートを収録し、音源と映像を提出。プロのクリエーターら2人の音楽監督と実行委代表の斉藤純さん(73)による制作陣が編集を手がけている。

 楽曲は約4分半。自らも歌とウクレレで参加する斉藤さんは「これまでお世話になった幅広いジャンルのミュージシャンに関わっていただいた。世代を超えて良い音楽を聴いてもらいたい」と思いを明かす。たま音楽祭に過去4回出演し、監督の指名で歌い出しのパートを今回任された山川こうたろうさん(56)=長尾在住=は「たま音楽祭を通じて多くのミュージシャンとつながることができた」と強調。「私の宝物である音楽仲間をぜひ見て、聴いてほしい」と語る。

 メンバー5人で参加する「ワガママSUNバンド」代表のなかむらなつきさん(32)=菅馬場在住=は「参加できてとてもうれしい。たま音楽祭2回目のひよっこですが貴族のギターソロに刮目してください」と話す。

 動画視聴方法など詳細は音楽祭公式サイト。

ワガママSUNバンド
ワガママSUNバンド

多摩区版のローカルニュース最新6

成人式、宣言下で敢行

川崎市

成人式、宣言下で敢行 社会

会場参加は前年比4割減

1月15日号

級友39人 聖マリに感謝

百合高

級友39人 聖マリに感謝 教育

寄せ書き、医療従事者へ

1月15日号

スケッチ個性溢れ

スケッチ個性溢れ 文化

せせらぎ館

1月15日号

医療現場に物資寄贈

医療現場に物資寄贈 社会

川崎西北RC、マスクほか

1月15日号

原さん、舞台で肉体美

川崎市出身 ジャニーズJr.

原さん、舞台で肉体美 文化

1月15日号

スポセン時間短縮

スポセン時間短縮 スポーツ

午後8時まで

1月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク