多摩区版 掲載号:2021年1月15日号 エリアトップへ

菅中3年井熊さん 給食献立案が市長賞 「午後も元気に」思い込め

教育

掲載号:2021年1月15日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市の中学校給食献立コンクールで、市立菅中学校(菅城下)3年の井熊ありかさん(15)=写真=が最上位の市長賞に輝いた。1月7日はこの献立を再現した給食を、市北部学校給食センターが配送する12校で約6千食提供。今月中に市内全校で提供予定だ。

 井熊さんが考えた献立は「午後もがんばろう給食」と題し、麦ごはんの野菜入りスタミナ丼、カラフルピクルス、生姜コンソメスープとみかんが並ぶ。ショウガやニンニク、豚肉、酢が盛り込まれ、栄養バランスと料理の色味が良いことや、加熱を基本に大量調理に適した献立であることが評価対象になった。実際の給食では、「星の形をした野菜」という井熊さんのアイデアをスープのかまぼこで再現するなど、調理用に一部アレンジを加えて提供された。

 7日には福田紀彦市長や小田嶋満教育長が菅中を訪れ、受賞献立の給食を実食。受賞式を行った後、井熊さんや級友の小原直希君、金子優萌(ゆめ)さんと懇談した。料理や食べることが好きで、将来は管理栄養士になりたいという井熊さんは「選ばれて自信になった。この給食で5、6時間目がある午後もみんなで元気になれたら」と思いを込めた。福田市長は「つらいニュースが多い中、気持ちも体もあったまる。材料や見た目もよく考えていて素晴らしい」と絶賛。「健康給食の取り組みを、家庭に持ち帰って話題にしてもらえれば」と話した。小田嶋教育長は「これをきっかけに、いろんなことに挑戦してほしい」と生徒たちにエールを送った。

全校生徒が参加

 菅中では、2年生の家庭科の授業で献立作りの単元がある。今回のコンクールについては、昨春の臨時休校中の課題として全校生徒378人が応募。篠崎敏行校長は「市内の生徒たちがこの給食を食べることで、井熊さんの届けたかった思いが伝わればうれしい」と期待を寄せた。

 食育の一環で市教育委員会が取り組む同コンクールは3回目。昨春から約4カ月の応募期間に市内21校から524点が寄せられた。市長賞のほか、優秀賞には市内5校から7点が選ばれ、多摩区では枡形中1年の橋沙耶さんが「和の食材を味わおう」で受賞した。

多摩区版のトップニュース最新6

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

多摩区の声、力に

明治大専修大

多摩区の声、力に スポーツ

箱根駅伝へ 応援263通

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 政治

福田市長、2021年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク