多摩区版 掲載号:2021年1月22日号 エリアトップへ

川崎市 救急出動 12年ぶり減少 軽症少なく、遠因にコロナ

社会

掲載号:2021年1月22日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市内の2020年の救急出動件数は6万6951件で、前年に比べ8562件(11・3%)減少。2009年以降、11年にわたり過去最多を記録していたが、12年ぶりに減少に転じた。

 搬送人数は5万6235人で8893人(13・7%)減。原因別では急病が39000人(69・4%)と7割を占め、次いで一般負傷が9190人(16・3%)、転院搬送が3532人(6・3%)だった。搬送人数のうち65歳以上の高齢者は56・4%で、前年より1・2ポイント増加した。

 多摩区内の昨年の救急件数は8572件で、前年に比べ1254件減少。1日の平均出動数は約23・4件だった。

「病院控え」 を推測

 市は高齢化や人口増による近年の救急需要の高まりに応えるため、昨年4月、多摩消防署宿河原出張所に救急隊を増隊。市内合計29隊で体制を整えていた。

 昨年の出動件数が減った要因について市消防局では、入院を必要としない「軽症者」の減少に着目。軽症者は前年に比べ6919人減で、搬送減少件数の77・8%を占める。市担当者は「新型コロナウイルス感染拡大の影響で病院控えがあったのでは」と推測。感染予防意識の高まりから、マスク着用や手洗い、うがいが徹底され、病気になる人が減っている可能性も指摘した。

 昨春は緊急事態宣言により社会活動が制限され、交通事故が減少。事故による搬送が少なくなったほか、酒の飲みすぎで搬送される人も減る傾向があったという。

多摩区版のローカルニュース最新6

最優秀賞は「月昇る」

市観光写真コンクール

最優秀賞は「月昇る」 文化

一般の部・区民2人に優秀賞

4月16日号

「黄金さかな博」 目玉に

「黄金さかな博」 目玉に 文化

たまずん カワスイで20日から

4月16日号

性暴力根絶、訴え

川崎駅前

性暴力根絶、訴え 社会

フラワーデモに50人

4月16日号

長尾小 通学路安全に

長尾小 通学路安全に 社会

市教委 道路標識の協会へ感謝状

4月16日号

市民葬儀見直しへ

市民葬儀見直しへ 社会

意見22日まで

4月16日号

ペット同伴利用を試行

ペット同伴利用を試行 社会

緑化センター

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter