多摩区版 掲載号:2021年1月29日号 エリアトップへ

川崎市市民ミュージアム 被災品4万点超 廃棄へ 複製印刷物など処分基準に

文化

掲載号:2021年1月29日号

  • LINE
  • hatena
廃棄が決定した漫画雑誌(上)、わら人形=市提供
廃棄が決定した漫画雑誌(上)、わら人形=市提供

 東日本台風で浸水被害を受けた川崎市市民ミュージアム(中原区)の収蔵品について、市は1月21日、雑誌など4万2237点を廃棄処分すると発表した。水没した収蔵品約22万9千点の一部で、廃棄は初。応急処置や修復作業の先月時点の進行状況も公表した。

 廃棄処分が決まった収蔵品は、日本の報道写真誌「アサヒグラフ」や米グラフ雑誌「LIFE」「週刊少年マガジン」、手塚治虫や赤塚不二夫作品の単行本など。同館以外でも存在が確認できたものがほとんどで、昨年7月に決定した市の基準に沿って判断された。

 民族分野の企画展のために制作されたわら人形も、処分対象の一つ。市担当者は「処分の判断をした収蔵品が出てくれば、随時発表していく」との展望を示す。

5万点が応急処置済

 同館では、被災した2019年10月中に収蔵品のレスキューを開始。専門機関の支援を受けながら、館外への搬出や紙資料等の冷凍保存、資料の燻蒸処理などを継続してきた。昨年6月には、全ての収蔵品の搬出が完了。水に弱い写真やフィルムなど、優先度の高いものから状態を安定化させるための応急処置や修復作業が進行している。

 市によると、先月25日時点の収蔵品の状況は、応急処置済みが約5万点、準備段階を含む修復中が2067点、修復済みや修復不要なものは544点。温湿度が管理できる施設など外部倉庫に約4万2千点、冷凍・冷蔵として約1200箱が保管されている。

 多摩区に関わる市重要歴史記念物の状況は、「生田古墓群鴛鴦沼古墓出土火葬骨蔵器」や「生田古墓群生田8601番地古墓出土火葬骨蔵器(須恵器壷・蓋)」が応急処置済み。「宿河原縄文時代低地遺跡出土品」の大型網籠ほか21点は修復中という。歴史関連では小泉橋関係資料が応急処置済み。「長尾村・鈴木恕家文書」を含む古文書等コンテナボックス約410箱は、冷凍保管中になっている。

 同館では先月、復旧・復興に向けた1年間の活動記録を動画で公開。関係者が撮りためた写真や職員の証言等をまとめたもので、およそ40分にわたる。動画プロジェクト担当者の一人、安尾祥子さんは「前例がないからこそ貴重な記録。全国の美術館などで、誰かの役に立てるかもしれない」と話す。動画は同館ウェブサイトで視聴できる。

多摩区版のトップニュース最新6

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

北京五輪へ強化合宿

中野島在住石川雄大さん

北京五輪へ強化合宿 スポーツ

パラアイスホッケー 代表候補

4月9日号

住宅地の上昇鈍化

多摩区公示地価

住宅地の上昇鈍化 経済

10地点下落、商業地も横ばい

4月2日号

遊園駅南に新複合施設

野村不動産

遊園駅南に新複合施設 経済

旧ダイエー敷地 住宅・商業へ

4月2日号

民家園・市バスで周遊券

民家園・市バスで周遊券 経済

アプリ連携、沿線活性へ

3月26日号

訪問看護にガウン200枚

訪問看護にガウン200枚 社会

西生田・井関さんらが手作り

3月26日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】4/5(月)午前9時10分オープン!コロナ感染症予防対策実施中!

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク