多摩区版 掲載号:2021年2月12日号 エリアトップへ

たま音楽祭 画面越え 思い交わす 配信、可能性広げた2日間

コミュニティ文化

掲載号:2021年2月12日号

  • LINE
  • hatena
無観客の会場で演奏する出演者
無観客の会場で演奏する出演者

 離れていても音楽は必ず届く――。今年ならではのテーマを掲げ、2月6日と7日に開催された「第10回たま音楽祭」。生配信で交流を生み出す、新たなステージを形にした。

 開演前、無観客の会場には実行委員会と出演者、運営スタッフのみ。ビデオカメラが並び、舞台を映すモニターが光を放った。音響など技術面を支えるカワサキミュージックキャスト理事長の反町充宏さんは「手を尽くして配信だからできることを。川崎の音楽イベントに新しい実績をつくりたい」と意気込んだ。

 1日目は音楽祭にゆかりある5組が出演。「今年度初めてのステージ」「1年ぶりにメンバーが集まった」との声も聞かれ、久しぶりの舞台で力演を魅せた。ステージの背景には、生配信を楽しむ視聴者の顔やコメントを投影。曲が終わるごとに、拍手の絵文字や感想が続いた。

 2日目は、多摩区出身のジャズピアニスト・国府弘子さんらトリオが舞台に。国府さんは「想像力を持って、皆さんの姿を思い描きながら演奏したい」と弾き始め、「目に見えないところからパワーをいただいている気がする」と笑顔を見せた。音楽祭に初回から出演するセレーノアンサンブルとの共演にも視聴者から多くのメッセージが寄せられた。

 配信では同時に200人以上が画面を共有し、1日目は延べ4800回の視聴があったという。コメント欄には全国や海外から視聴する人の声も。「音楽祭のテーマが体現され、私自身心が震えた。ステージのエネルギーが少しでも画面の向こう側に伝わっていたらうれしい」と、実行委員会学生代表の小野寺菜菜さん(専修大1年)。実行委員会代表の斉藤純さんは関係者に感謝を表し、「ネットを通じた交流で、いつもよりつながりを強く感じた。今後も続く新しいやり方になると思う」と振り返った。
 

背面に映る視聴者の顔やコメント
背面に映る視聴者の顔やコメント

多摩区版のトップニュース最新6

災害時、入浴支援で協定

川崎浴場組合

災害時、入浴支援で協定 社会

宿河原浴場 東日本台風でも対応

4月16日号

住民の心、支援広告に

長尾台バスあじさい号

住民の心、支援広告に 経済

高橋商事へ感謝 69万円超

4月16日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

北京五輪へ強化合宿

中野島在住石川雄大さん

北京五輪へ強化合宿 スポーツ

パラアイスホッケー 代表候補

4月9日号

住宅地の上昇鈍化

多摩区公示地価

住宅地の上昇鈍化 経済

10地点下落、商業地も横ばい

4月2日号

遊園駅南に新複合施設

野村不動産

遊園駅南に新複合施設 経済

旧ダイエー敷地 住宅・商業へ

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter