多摩区版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

【Web限定記事】 劇団辻シアター 「紙芝居」で人情喜劇 3月13日 多摩市民館

文化

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
稽古の様子=同劇団提供
稽古の様子=同劇団提供

 多摩区での公演を毎年続ける劇団辻シアターが3月13日(土)、人情喜劇「お〜い!紙芝居屋さんだよ!」を多摩市民館大ホールで上演する。同館のイベント「たま学びのフェア」内で、午後1時開演。入場無料。

 辻シアターは、喜劇役者・辻三太郎さんが1982年に登戸で立ち上げた劇団。毎回公募で市民役者を募り、辻さんが配役やストーリーをその都度つくり上げるのが特徴で、地域活性のため無料公演を続けている。

 今回の物語は、紙芝居屋一筋の父親と女優を夢見る娘を中心とした人情喜劇。オリジナル曲や紙芝居作品「黄金バット」の実演を取り入れ、笑いも交えながら物語を繰り広げる。月2回の稽古もマスク着用で対策し、20代から80代のメンバー15人が練習に励んでいる。

 父親役の辻さんのもと、「春らんまん」の舞台名で娘役を演じるのは、同劇団代表の斉藤まり(本名・麻里)さん=人物風土記で紹介。「コロナ禍の公演には賛否があったが、楽しみにしている地域の皆さんの声に応えたかった。紙芝居を知っている方は懐かしさを、知らない方には新鮮さを届けたい」と思いを話す。

 公演は定員の半数(450人)に人数を制限し、検温や消毒、名簿記録を実施。当日先着順で受け付ける。

 問い合わせは同劇団【電話】090・1763・0484。

多摩区版のローカルニュース最新6

最優秀賞は「月昇る」

市観光写真コンクール

最優秀賞は「月昇る」 文化

一般の部・区民2人に優秀賞

4月16日号

「黄金さかな博」 目玉に

「黄金さかな博」 目玉に 文化

たまずん カワスイで20日から

4月16日号

性暴力根絶、訴え

川崎駅前

性暴力根絶、訴え 社会

フラワーデモに50人

4月16日号

長尾小 通学路安全に

長尾小 通学路安全に 社会

市教委 道路標識の協会へ感謝状

4月16日号

市民葬儀見直しへ

市民葬儀見直しへ 社会

意見22日まで

4月16日号

ペット同伴利用を試行

ペット同伴利用を試行 社会

緑化センター

4月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter